花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
【写真まとめ】奄美大島で出会った生き物と食い物の写真まとめ

●ハイビスカス(20160922)
DSC09904.jpg
南国植物。赤いのは外来種で、固有種は黄色らしい。
赤いのばっかりみかけた。



●セミ(20160922)
DSC09915.jpg
離島のセミの鳴き声は、本土のセミの鳴き声とかなり違っている。
奄美大島のセミの鳴き声は金属音めいたかなり頭にガンガン響く鳴き声で、慣れていないと結構大きなストレスになる。
初めて聞いたときはセミの鳴き声とは信じられなかった。
見た目もどこか金ぴかに光ってみえた。



●ヤドカリ(20160922)
DSC09941.jpg
DSC09931.jpg
海岸に行けば探さなくてもみつかる。
カニもヤドカリも、めちゃくそ足が速い。ゴキブリに匹敵する足の速さ(たとえが悪いか)
そのくらい足が速い。



●でかい!ヘゴ(20160922)
DSC09876.jpg
南国チックな植物。ソテツの仲間?で、自分の枝を折りながら成長していく。
背が高いものは10メートル以上のものも。



●でかい!クワズイモ(20160922)
DSC09881.jpg
でかい。本当にでかい。
こんなに大きな植物が、特別な森の中でなくても道端に普通に生えていて、実際見たら結構感動する。
DSC09860.jpg
これはクワズイモという、食べられないイモの葉っぱ。
こっちが食われそうだ。



●イシガケチョウ(20160922)
DSC09884.jpg
南国の蝶。温暖化によって生息域を広げつつあるが、本土ではなかなか見られない珍しい蝶。
奄美大島ではあんまり珍しくなかった。しょっちゅうそこらへんで飛んでるのを見た。



●カワトンボ(20160922)
DSC001311 (4)
DSC09902.jpg
色とりどりの宝石のようなトンボ。
動きが遅くて簡単に捕まえられた。カゲロウの仲間もいっぱいいた。



●ジョロウグモ(20160922)
DSC001311 (3)
奄美大島が関係しているのかいないのかわからないが、とにかくラージサイズ。



●いろとりどりのとり(20160922)
DSC09913.jpg
DSC001311 (6)
「音屋」の商売を始めたキツツキにも会える!?森



●でかい!キノコ(20160922)
DSC001311 (5)
でかい。まずそう。毒はないけどとにかくまずいキノコって感じ。
こう大きなキノコを見せられると、キノコが「菌」であることを再確認させられる。
こいつらでかいカビかなんかと変わんねぇんだなって。



●なんか偉い人が絵に描かれたやつだ!(20160924)
DSC001311 (1)
田中一村の絵によく登場する奄美大島の植物。
俺と同世代で地域によっては「中学校の美術の教科書の表紙の絵」で伝わるかな?
DSC001311 (2)
アダンという植物だそうです。食べられるそうな。



●なんか名前忘れたけど南国フルーツのジュース(20160923)
DSC00038.jpg
昼飯でこれ飲んだ後にマングローブ原生林でガイドのおっさんが「その木の実道端に落ちてるよ」と解説していたのは覚えてるんだけど。



●奄美大島の居酒屋(20160923)
DSC00117.jpg
珍しい食い物をいっぱい食った。
手前はもずくの天ぷら。めっちゃうまい。
奥は豚の耳の炒め物
DSC00119.jpg
イノシシ肉。
DSC00120.jpg
魚。



●ヤギミルクのソフトクリーム(20160924)
DSC00125.jpg
俺の地元でさえもヤギ飼っている邸宅は珍しくないけども。
おいしかったです。




本当にいい旅行だったね、大学の友達も紹介してみようかしら。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ