花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【観光】奄美大島で2泊3日のバカンスを楽しんだ夏の終わり(20160921、22)
DSC09944.jpg

奄美大島に仲のいい女の子とバカンスに行ってきたんすよ

リア充っぽいでしょ?

DSC09833.jpg

仲のいい女の子()と、鹿児島新港から船に乗って奄美大島へ。
しかしこの兄妹、船の出発する寸前までカラオケに入っており、
「出港30分前に港に行く予定だったけど、出港15分前につくことになりそうだな。
でもまあ、そのくらいぎりぎりならむしろ人も混んでなくていいでしょ」
と悠長なことを言って鹿児島本港に向かうという大失態

まずいですよ!!!


ということで慌ててタクシーに乗って、タクシーの運ちゃんをめっちゃ急かして鹿児島本港から鹿児島新港へ向かう。

運ちゃん「18時の船?間に合わなかったらごめんね」

俺ら「うそでしょwこんなことってあるww?」


と絶望の笑みを浮かべながらタクシーを飛び降り窓口が締め切る寸前も寸前で駆け込み、チケットを購入する二人。
窓口の人もさすがに苦笑い。

DSC09842.jpg
大慌てで船に乗り込むと、すぐに出港だった。
ああ、よかったよかった、と、安心して船の中で寝る。
そして夜中に目が覚めてそれから眠れなくなる。
奄美大島到着は明朝の予定。

アクシデントはあったけど、無事(?)旅行は続行できそうでよかった。
楽しい2泊3日にしましょう。

DSC09856.jpg
先に奄美大島に到着していた母と合流し、朝食を済ませてやってきたのは奄美大島の原生林。

DSC09857.jpg
南国植物のひしめくこの森を散策。
天気は曇り気味だったが、「熱帯雨林感」が出ていて非常によかった。

DSC09867.jpg
そしてそこらじゅうの植物のスケールの大きさに驚かされる。

DSC09917.jpg
みちゆく植物がいちいち人一人分くらいの大きさがある。

DSC09856.jpg
この森の見どころはこちらの板根の木。

DSC09874.jpg
老獪な雰囲気はまさに森の長老といった感じ。
いいものが見れました。

DSC09901.jpg
そのあと渓流を散策して、

DSC09892.jpg
やってきたのは海!

DSC09944.jpg
真っ青な海と真っ白な砂浜が大変美しいです。

DSC09938.jpg
そこでちろっと渚と戯れる。

DSC09928.jpg
水がとても澄んでいて、砂浜も白くてきれいでした。
火山灰もないし。

この砂浜の白さの正体はサンゴ礁。

DSC09949.jpg
この辺の家々の石垣にはサンゴ礁が使われているくらい、サンゴ礁が多い地域です。

DSC09959.jpg
自然をたっぷり堪能した一日。
奄美大島は都市機能が一部に集まった島で、一部地域は都会の雰囲気もあります。
こちらの巨大な人工物はいわゆるループ橋。
初めてみた。すごい。

DSC09967.jpg
奄美大島の沿岸をほぼ一周した一日。
夕焼けのきれいな海岸を走っていると、

DSC09976.jpg
なんと夕日を撮影に詰めかける多くの人々が。
中にはテレビの撮影班も見受けられる。これは一体?

DSC09970.jpg
じつはこの日、この海岸から見えるトンネル(かがんばなトンネル)に、夕日がすっぽり入って一点で輝く、という日だったのだそうです。
これはラッキー。

DSC09974.jpg
前日までは曇っていて見られなかったそうですが、

DSC09996.jpg
この日はトンネルの中の太陽の丸い輪郭がはっきりと見られました!
すげー!

DSC00011.jpg
一年で2回しか見られる機会のないこの景色に立ち会えてほんとうにラッキーな人たち。

DSC00012.jpg
その後奄美大島の名物「鶏飯(けいはん)」を夕食で食す。
自分でご飯を盛って、鶏肉、卵をはじめとする具材を好き勝手乗っけて、鍋のだし汁でつゆだくにして掻っ込む。

DSC00014.jpg
鹿児島に住んでいれば別に珍しい料理でもない(小学校、中学校の給食でよく食べられる)。
しかし久しぶりに食うとこれがうまくてごはんお替りしまくった。

旅の疲れもあったので、このまま帰って今日はおしまいにするか、それとも深夜ドライブに出かけるか相談。
その結果満場一致で深夜ドライブに出かけることになった我等の旅の幸運は続く

DSC00026.jpg
奄美大島に生息する固有絶滅危惧種、アマミノクロウサギを発見。

しかも2匹。

DSC00030.jpg
意外と近づいても逃げられることはなく、木の実か何かを食べている様子を撮影することができた。

たいへん珍しい、しかも島を代表する生き物に出会えた幸運を喜びながら帰ったのであった。

とても楽しい一日だった。



つづく
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ