花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
【折り紙話】マルチオリガミング

DSC09460.jpg

創作にせよ制作にせよ、おそらくほとんどの人が一つの作品を終わらせてから次の作品に移ると思う。


作品Aを作っている途中に、別の作品Bに関するなにかしらのヒントやモチベーションを得たとき、たいていはAを完成させるか、あるいは途端に作品Bに興味が移り作品Aを投げてしまう、といったさまざまな形で、Aに終わりを迎えさせる。

俺の場合、作品Aを中断して作品Bの制作・創作に取り掛かったら最後、作品Bの出来・不出来にかかわらず、作品Aに回帰することはまずない。
なので作りかけの作品は必ず完成に持っていくか、「試作」「失敗作」という名前を付けて放り投げてから、次の作品に移る。

と、いう事情から、俺の長い折り紙制作の経験の中で、複数作品を同時期に同時進行で制作を行うという歴史はなかったのだが……。

DSC09463.jpg
なんとまさに今現在、2作品の制作を同時進行で行っているのであった!

きっかけは、

いまおれちょう蛇腹折りのモチベ高い!グリッド線つける~やで!

飽きた。誰か代わりにやってよ

蛇腹折りに飽きるたびに休憩してたら時間もったいないから、息抜きに別の作品(蛇腹でない)に取り掛かる

作品(蛇腹でない)が折りあがる。針金付け、糊付けだるいな……。

蛇腹折りの続きするか……。

という感じで制作同時進行の作品が誕生した。
片方に飽きたら片方に戻る、という時間の使い方を行うことで、どちらの作品もモチベーションを保ちながら制作できる。
たとえ同時制作している作品Aが行き詰って、もう片方の作品Bに移ったとしても、しばらくすると作品Aのほうに取り掛かる気分が回復する場合がほとんどだし、一度作品を離れて客観的な視点を得ることで、「いっそ折り直すか」という決心にもつながることもあって、かなり能率も上がっているような気がする。

これに映画やアニメが加わるとなおよい。

マルチオリガミングというよりは、マルチタスキングオリガミングだね。

それもこれも、ひとつの作品に時間をかけすぎる人向けの話だ。

いかんせん折り紙にかけられる時間は減っていくだけなんだから、まとまった時間を待っていたら一生が終わっちゃうから仕方ないよ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ