花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【写真まとめ】2016年たそがれ時の観光写真まとめ(20160824)
DSC09146.jpg
これのつづき


 
   
●道の駅「酒谷」
DSC09128.jpg
この近くのダムも見ごたえがあった。



●日本の棚田100選「坂本棚田
DSC09142.jpg
展望台から撮影。
DSC09143.jpg
DSC09146.jpg
夕刻に映える。
すこし日差しも落ち着いてきた。



●坂元棚田を歩き回った様子
DSC09134.jpg
DSC09136.jpg
DSC09137.jpg
DSC09138.jpg
郷愁を誘う風景。
DSC09137.jpg
DSC09139.jpg
階段状になった田畑をくまなく通る水路、日中熱されて夜も田の温度を維持する石壁、石壁を保持する植物、整列した稲、すべては効率化を求めた先人たちによってもたらされた「機能美」なのです。



●逸話が面白い「小布瀬の滝」
DSC09148.jpg
DSC09153.jpg
DSC09152.jpg
滝の逸話(うろ覚え)は以下の通り。
昔々あるところに、ある継母がいました。
その継母、先妻の子供を殺そうと、子供をこの滝に連れてきました。
継母は子供を滝つぼに突き落としました。
しかしその子供は知らぬ間に、自分の腰と継母の腰を小さな布で結びつけていたのでした。
継母は先妻の子と滝つぼに落下、2人は命を落としました。
そのとき2人を結び付けていた小さな布だけが見つかり、「小布瀬の滝」という名前が付いたのでした。

DSC09149.jpg
DSC09151.jpg
滝に向かう道中、提灯の列がかわいらしくてすごくきれい。
でも逸話を滝つぼ近くの案内板で知った後で通る帰り道、この提灯の列はすこし怖かったw


あたりが夕闇に包まれ始める残暑厳しい季節のたそがれ時。
厳しくも楽しい充実した一日を後にして、帰宅しました。
あ、その帰り道、2週間後に控える妹の誕生日プレゼントを家族で選んで帰りました。
元気な連中だなぁ。



おわり


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ