花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【漫画】「あまんちゅ」感想
DSC08524.jpg

このとき買った中古コミックセット1~8巻を、購入からだいぶ間が空いたんだけども読み終えました。


帯付きの中古コミックセット2300円、一冊約300円でお安め、しかも帯付きだったのが購入の決め手、というお話をしたけども、開けてびっくりしたのが一冊残らず全部初版で、発売当時のチラシとか挟まっていたのがかなりうれしかったです。
というかびっくりしました。

状態もめっちゃいいし、これはいい買い物でした。
9巻は新品で買いました。

皆様知っての通り俺はARIAが大好きで、天野こずえさんの短編集も集めているくらいなのに、なぜかあまんちゅは読んだことがなかった。
でも7月にアニメが始まるし、事前に目を通しておこう、と思って読みました。


まず思ったのが、画力改めてすごいな、と。
あと、名言の数々。
ARIAのように完全にストレスを排斥した世界ではなくて、登場人物がそれぞれ挫折を味わったり失敗を経験したり、という展開は登場人物にすごく感情移入できてよいです。
双子先輩の高校卒業まで、あるいはぴかりたち自身の高校卒業まで描かれることと思われるんですけどARIAみたいに怒涛の展開を見せそうな予感がぷんぷんします。

お気に入りの話はピーター君の出る回、幽霊バスのホラー回、ドライスーツ購入回、クリスマス回です。
双子先輩、とくに弟君先輩がすげー好きなんすよ。
9巻の姉ちゃん先輩の肩をたたく弟君先輩、ドライスーツ購入にあたってはしゃぐ女子組とは対照的に感傷的な弟君先輩がすごく好き。
7巻の表紙の双子先輩、後輩をカフェやランニングに誘う双子先輩、くそかっこいい。

ピーター君は9巻の再登場と衝撃の新事実に驚かされました。
単発回のちょい役かと思ったら……。

ホラー回は、ARIAでいうところのサンミケーレ島回みたいなもんなんですけど、あまんちゅの場合、ARIAのように異星だったり妖精や魔法の力が存在するわけでもない、単なる日本の片隅のお話しなので、そもそも異世界感のある作品ではなくて、「幽霊が出てきてもおかしくない何か」がない世界なんですよね。
だから唐突にホラー回されるとめちゃくちゃ怖かったです。
あまんちゅのホラー回は本当に怖かった。

と、いう感じで今ではすっかりあまんちゅにはまっていて、10、11巻の特装版も予約しました。
こんなに素晴らしい作品なら、もっと早く読んでおけばよかった、と後悔するくらいによかったです。
今からアニメがすごく楽しみです。
佐藤順一監督なので何も心配してません。


おわり

201606210900
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ