花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【第六回折紙探偵団九州コンベンション】レポート。それ毎回言ってる(20160528‐29)
DSC08395.jpg

佐賀大学で開催される折り紙探偵団九州コンベンションに参加してきました!
九州コンベンションに参加するのはこれで3年連続、3回目となります。
DSC08409.jpg
九州コンベンションに俺の持っていた作品たち。
俺のサメを見たゴルゴ13さんに「作風変わった?」と言われたけど申し訳ありません、あいかわらず96等分やってます。
紙袋に入れて持っていったらけっこう形が崩れていて残念。
タンチョウの評判がよかったです。

DSC08397.jpg
開会宣言のあと、招待作家セスフリードマンさんの講演を始める前に「となりの人とふきごまを作ろう」のコーナーがあって、genさんとペアを組んで吹きゴマを作って遊びました。
genさんとは
「オーストラリアどんなかんじっすか?野良コアラとかそのへんにいるんすか?野良カンガルーとかそのへんにいるんすか?」
なんていう無難なオーストラリアの話してました。
仲良くなった気がします。

DSC08405.jpg
そんなgenさんとは展示作品と折り図集を見せてもらいながら作品の話してました。
とても勉強になりました。

DSC08399.jpg
招待作家のセスさんの講演は、「角度系作品創作のコツ」という内容で、講習と合わせてとても勉強になりました。
日本語がとっても上手でわかりやすい講習&講演でした。

DSC08425.jpg
また、セスさんには若手で集まって、講演では話し切らなかった話を聞かせてもらう時間もいただけました。
とくに展示作品の創作談義はとても勉強になりました。
これらの作品に使われているウォーターカラーという厚紙は、水で柔らかくなり、乾くと非常に硬くなる、立体造形に扱いやすい紙として紹介してくれました。

DSC08423.jpg
それと同時に、雨の日は湿気をよく吸ってしまうので、作品が倒れやすくなる、という弱点も笑いながら話していました。

DSC08422.jpg
DSC08421.jpg
九州コンベンションでは同世代の知り合いの少ない俺は、自然と九州大学の折り紙サークルORUTOの面々と行動を共にすることに。
「おひさしぶりです!えっと……、なにくがわさんでしたっけ!?なにくがわさんでしたっけ!?」
と、こはくがわ氏にうざがらみをする俺。
えずの君がいないのをいいことに、
「あいつ最近テレビでたらしいじゃん!彼は普段サークルでどんなかんじ?偉そうなの?先輩風びゅんびゅんなの?」
と、後輩組にうざがらみをする俺。

偶然にもORUTO出席者全員理系ということだったので、理系トークに興じるほかは、展示作品の話をしたり、物販コーナーに並ぶ本や紙を漁りながら作品談義、紙談義といういつものかんじでした。

DSC08401.jpg
展示作品から。こちらは折り紙アーティスト宮本眞理子さんの作品。
非常に素敵でおしゃれな作品で、こういうのを俺も作ってみたいと思うけど、折り紙以外の手芸技術が発揮されているので、これを真似して折り紙しかやってこなかった奴がうかつに手を出すと目も当てられないような作品が生まれることは容易に想像がつきます。
でもこいうの作ってみたい。

DSC08414.jpg
展示作品から。そしてこちらは香月将悟さんの作品。
九州コンベンションに来るたび見かける折り紙少年で、年々レベルが上がっていっているようです。

DSC08433.jpg
展示作品から。川村みゆきさんのジオスフィアです。
コンベンション初日の朝、ステージ前で工具の音が鳴り響いていてびびるw
ちゃんと回る巨大地球儀です。
川村さんはコンベンション欠席だったのですが、「このジオスフィアと川村さんと思って手を合わせておけ」という山口さんの話が面白かったです。

DSC08416.jpg
展示作品から。こちらはゴルゴ13さんの作品(HNと本名がごっちゃの紹介ですみません)。
こはくがわ氏は、このキリンが素晴らしいと評価していました。
キリン作品はいろんな人が作っているけども、この作品の前脚の上の胸の筋肉のでっぱりが表現されているキリン作品はあんまりないのだそうです。
おれは柴犬のインサイドアウトが素敵だと思いました。
2日目は講習もあったんですけど、残念ながらその時俺はもう帰ってました。

DSC08434.jpg
今回のコンベンション、佐賀住まいの友人と会う予定を立てていたので懇親会にも参加せず、2日目は午後に予定があったので午前中に撤収作業をして帰った、というかんじで、バタバタしていたのですけど、とても楽しかったです。
準備の関係から講習も見送ったし。

とりあえず九州コンベンション、非常に楽しめたので東京コンベンションはいかなくていいかなと思ってます。
でも俺毎年言ってるんですよ、「九州コンいったから東京コンはいいや」って。
なのに毎年行ってるんですよ、東京コン。
コンベンション前はみんな折り紙に沸き立つから、それに感化されていつも「やっぱ、行こう」ってなっちゃう。
なんだかんだで俺折り紙めっちゃ好きなんやなぁって思う。

今年の夏もいけるといいですね、東京コン。


九州コンベンションお疲れ様でしたー。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ