花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【創作折り紙】「パラディン・オブ・パトリオット‐悪魔の憑代‐」試作品。こんな彼がヒロイン?
DSC08065.jpg

リスト用にとりあえず一つだけ仕上げまで持って行った。
作り直すかなー、同じサイズのクラフト紙あと2枚しかなかったでござるのまき。
次も折るとしたら、正味失敗できない
DSC08064.jpg
マントと帯の色が変わるので、足は紙の裏が出ないように仕上げ。
長さを調節する副産物をディティールにしたかなーり適当なデザインだが、膝の位置は分かりやすい方がいいかな、と思ってる。

DSC08066.jpg
後姿は正面以上に裏面が出る。
作品全体としては、裏面の色の与える印象が強め?

DSC08067.jpg
手の甲・肩を結んだ線分の、垂直二等分線上に肘がくる、というのは絵描きで有名な話。
わりと長めに手足のカドをとるときは、どの位置にどの関節が来るのが適切か考えながらカドを折り曲げるとよい。
とはいっても俺もわりと最近意識するようになったんだけどね。

DSC08068.jpg
いじいじと迷いながら足を折っていたらもう紙はくしゃくしゃ。
上半身は一部のり付け、針金を入れているけど、下半身はのり付けすらする気力が起きないひどい状態。
とりあえず針金で縛っただけ。

DSC08065.jpg
剣の色を表にするか、裏にするかはかなり迷うところ。
周りの仕上がりを見て最後に決めるべきかも。

DSC08069.jpg
右手の指も未加工。
左右の手が近くに配置されるポージングだと、左右の手の指で厚みが違ったり長さが違ったりすると、なんだかなぁ、と言う感じに。
もうちょい考え直さんといかんな

DSC08063.jpg
活け折り紙するまでの調整で、指にいっぱい針金刺しちゃって両手傷だらけでほんと痛い。
もうほんとカサカサっすよ。

徹折りはお肌の天敵ってことだね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ