花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
【雑談】昨日4/16、一昨日4/15の熊本地震で俺が感じたこと
maxresdefault.jpg

昨日、一昨日、どちらも深夜1時、2時ごろに熊本で大きな地震がありました。
おれはその時間、ものの見事に眠っていたのだけれど、どちらも地震が起きる10分くらい前にぐうぜん目が覚め、携帯電話で「緊急地震速報」を受信するという奇妙な出来事があった。
これはきっと、人間の中に眠る野生の本能と言うヤツだ。
かの震災ではインド象が地震の寸前に暴れだしたり、日食、月食の日にはセミや鳥が普段とは違った行動を起こしたりするというし、人間も、満月の日には交通事故の発生件数が増えるというからきっと何か知ら感じ取る能力は残っているのだなあ。

それにしても「緊急地震速報」、ちゃんと地震が起きる前に呼びかけてくれるのだから大したものだ。
いまの科学の力はすごいなぁ。きっとものすごく頭の良い人が考えたのだろう。
と、いう話を安否報告ついでに親と電話でしながら、果たして「緊急地震速報」が届いてから実際に地震がやってくるまでの間のほんの1分程度の時間で何ができるのだろう、とちょっと疑問に思った。
せいぜい机の下に隠れるくらいかな。実際の地震では机の下に隠れる余裕すら与えれないというし。

俺の住んでいるところは大した揺れはなかったけど、熊本ではまさに机の下に隠れる余裕すらない揺れだったことだろう。
鹿児島出身ということもあって現在熊本に住んでいる知人友人はたくさんいるが、こういう時むやみやたらに連絡するのは、相手の携帯電話の充電を奪うからよくないらしいのだ。
いわゆる『匿名の偉い人たち』の話によると、
「地震大丈夫だった?」
と連絡して
「大丈夫だった」
と変身されて安心するのは安全な場所にいる自分でなくてよい。
所詮そんなものは好奇心か野次馬根性、あるいは「俺はちゃんと心配している」ことの報告や話の種に地震を利用している性根の腐った人間だ、と、ぼろくそに言う奴がやたら目につく。
そしてそれに「なるほど」と同調する連中も。なんなんだこいつらは。

避難所としてキャンパスを開放している熊本大学に対し、一斉休講を大喜びする熊大生たち。
なんなんだこいつらは。

とにもかくにも地震の自体の強さ自体は東日本の時と肩を並べるにしても、日本海側の地震ということもあって津波の心配も大きな事故もなくて済んでよかった。
余震が続き、数日連続して大きな揺れがあるので油断しないようにしましょう。

熊本と遠く離れた俺にも影響が出つつある。
GW中に予定していた、奄美大島への俺のバカンスはどうなる。
予約して決済も終了した高速バス、寸断した九州道の影響はどうなる。

まあ、2週間あればだいじょうぶだろ

おわり。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ