花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
【雑談】永遠に孵らない卵アイコンを温め続ける仮ピー氏
egg_step_3.png
ツイッタ-なるものを始めて半年。
ツイッタ-のプロフィール画像はとくになにも設定しなければ「卵」のイラストのアイコンに設定されるのだが、俺のようにあまりツイッタ-に詳しくないどんなトーシローでもこのくらいは分かる。

いつかこの卵アイコンから青い鳥が生まれるのだ。
wk_120607twitter01.jpg
「青い鳥 ぼくらの時間を 食べている」
という詩があるように、ツイッタ-と言えばこの青い鳥のシンボルマーク。
羽ばたく鳥の自由と希望、無限の可能性を象徴する「ラリーバード」という名前の鳥だそうです。

そんなことはどうでもよく、卵アイコンと鳥アイコンを見ればだれでも想像するはず。
ツイート数が増えていくにしたがって、「卵アイコン」が「ひび割れた卵アイコン」になり、いつか「青い鳥アイコン」になる、というユーザーへのツイッタ-利用促進する機能があることを!

俺は初めて自分の卵アイコンを見たときから、そんな機能があることをなぜか信じて疑わず、卵アイコンのまま半年がたった。

しかも、さまざまなツイッタ-ユーザーと触れ合うにつれ、卵アイコンに背景色が数色あることに気付いた賢い俺。
俺の卵アイコンの背景色は緑だったが、赤や紫などの背景色の濃い色は、ツイート数やフォロー数、フォロワ―数などのステータスを反映して変化するものであり、同時に卵が孵る瞬間を予告するものにちがいない、と、俺はまたしてもそう信じて疑わなかった。


そんな俺が春休み帰省時、友人に
「ツイッタ-始めたんやで。連絡用にフォローしようぜ」
という感じで相互フォローした時、
「卵アイコンはきつい」
というメッセージを受け取った。

俺はそれを聞いたとき、
『(大多数がそうしているように)好きな画像に変えればいいのに』
と言われたと感じたので、俺は
「鳥が生まれるのを楽しみにしてる」
と答えた。

そして先日の学生旅行の移動中の車内で、そんな機能はないことを知らされ、卵アイコンに関する友人とのやりとりを思い出し、いかに自分がトンチンカンなことを言っているか気づき、とんでもなく恥ずかしい思いをした。

同時に
「鳥が生まれるのを楽しみにしてる」
と言うおれのおまぬけさんなセリフが頭の中でリピート再生され、俺は激痛に襲われた。

だれか……。だれかおれにモルヒネを……。


おわり

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ