花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
【写真】リア充スポーツに興じる非リアぞの君(20160222)
2016-02-22 002
ソフトボール大会

「僕フライ取れないどころかキャッチボール出来ないんで。あと遠投も10m飛ばないんで。二度と誘わないでくださいね」

バスケットボール大会

「なんでドリブルできない奴を誘うんすか。ぜったい行きませんよ」

スノボ

「やったことないけどわかりますよ、俺が下手糞だってこと」

2016-02-22 005
俺の運動音痴ぶりは連れて行くだけで同行する初心者の慰めになると有名だったので、研究室仲間にスノーボードに誘われた俺氏。
しかし雪景色が綺麗、道中見られる雪山の廃墟の風景はとても絵になる、という話を聞き、まあ、スノボに関しては誘われたときに行かないと生涯行くことはないだろう(特に俺の場合)と思ったし、少し興味もあったのでついていきました。
前日は酒都会の打ち上げボーリングで少し体はきつかったんですが。
しかも夜更かし遊びの翌日の早起きだったし。

2016-02-22 007
明朝4人で出発、車で2時間以上かけてスキー場に到着。
スキー場は修学旅行以来2度目。当時はスキーをしたが体がきつかった覚えしかない。
この日はとても晴れていて絶好のスノボー日和だった。

スノボかぁ、なんだかとってもリア充っぽい!

2016-02-22 008
俺はとりあえず立ち上がる練習から。
それから坂道と板を平行にして滑って行く練習。
体重を移動してバランスをとりながら滑る方向や速度をコントロールする、という理屈は分かったが少なくともブレーキをかけるのが下手糞だったので、停まるためにはとりあえず転ぶしかない。
「イデデデデッ!!」という叫び声とともに炸裂する俺の滑り芸。
そして転んでまた立ち上がって立ち止まるのにも一苦労。
めちゃくそ汗をかく。
ケツと手と足腰と、ようするに全身が痛く、長めの休憩をとりながら、なんとか坂道と板を平行にして滑れるようにまでなった。

思った以上にうまくできた、気がする。

しかし滑り方が妙だったらしく、なんか膝に負担がかかってビキビキと体が悲鳴をあげているのを感じた。
中級者コースに一度連れてこられて、絶景を楽しむ。

2016-02-22 010
がけのような下り坂を降りる際、俺が唯一身につけた滑り方でおそるおそる降りていたが、途中板の前方が雪の硬い部分につっかえ顔面から転倒、その後うつぶせのまま坂道を猛烈なスピードで滑り降りていった。
「イデデデデデデデデデデデデデデッ!!」
しかも結構な距離。
(こんな魚雷みたいなオリンピック競技あるよな、なんだっけ、あ、ボブスレーだ)、ということを思い出して笑いながら滑り、傾斜の少しゆるいところで停まると、一同爆笑で、
「おまえすごい滑ってたね」
それにたいして
「ボブスレーみたいになってましたねw」
と言ったら、
「いやいや、そんなかっこいいもんじゃないからwしゃちほこみたいになってたからw」

2016-02-22 009
最後に記念撮影して、夕食は有名なお好み焼きを食って帰りました。

これでこの先俺の人生でスノボの話題が出たら
「スノボ?あー、大学の頃よく行ったよ(1回だけ)」
という返しができるようになったというわけですね。
リア充になれたようなきがした、とても楽しい一日でした。

おわり
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ