花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【折り紙話】イケイケの弾ける「活け折り紙」&卒業論文進捗
20160206v2 (6)
久しぶりに家に帰ってゆっくりする機会をいただけたので、正月に活けた「活け折り紙」の写真を撮った
20160206v2 (1)

卒論、進んでます。
もっとダメかと思ったら1週間で少しは体を成しそうなレベルにまではなった。
将来卒論に悩むことがあったらゲスのことではなく俺のことを思い出してください。

発表会のプログラム冊子に自分のアブストラクトが載っているのを見ると嬉しい気分がする。
ひと段落したけれどもまだ卒論は終わってないし、ポスター制作が鬼門。
発表練習する時間ほとんどないんじゃねーかな。

とはいえ来週の土日は発表会終わってパラダイスが待ってるぜ

20160206v2 (2)

で?

活け折り紙ってなに?


20160206v2 (4)
「活け折り紙」とは、折り紙を活けること、あるいは活けた折り紙のこと。

針金を埋め込んだ立体作品を発泡スチロールなどに突き刺して土台する。
その活けられた折り紙を作品にしてもよし、立ち姿の調整、確認に使ってもよし、塗装、ウェットフォールディングの乾燥に利用してもよし。

もともとは梱包材の発泡スチロールを利用しているので、とってもエコ。
穴だらけになっても使いまわせる。

20160206v2 (6)
作品を活けることで初めて分かる発見も多い。
「よし」と思って作り終えた作品も、活けてみれば作品の欠点、欠陥が見えてくる。
そういった苦々しい発見を、手軽に味わうことができるのが、活け折り紙の魅力。

器にもこだわってみてはどうでしょうか!
↑ふつうの台座制作とかわんねーなこれ

お試しあれー。







一度記事消えたから、この記事と同じ内容書くのじつは2回目。かなり萎えた。
あとここ数日スパコンスレがかなりおもろい


では卒論発表終わるまでさらばです
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.