花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
【売却】2016年1月売却カードメモ(20160117)
2015-12-12 005
1月制限改訂、1月新弾シャイニングビクトリーズを経て、いろいろなカードの相場が変化。
卒論終えるまで遊戯王触れられそうにないので、作ろうかなー、と思っていた青眼デッキのパーツ等をいろんな店を回って最高額で売りさばいてきました。

●青眼の亜白龍
俺の行動範囲の店では1200円買取が最高値。先着4枚まで1500円買取のお店を発見し3枚売却した。
前売り券発売直後は500~600買取、売り値は2000円近く、というパターンが多かったが、最新弾発売後具体的に組めるようになってから買取価格がついに1000円を超え、小人前売り券が900円だから、劇場とカードショップを往復するだけで利益が出てしまう状態になってしまった。
まだ劇場に残っているみたいなので、さすがにこれ以上買取価格が上がることはないと思います……。


●天輪の葬送士
乙女が値上がりした時期に販売価格が200円→1000円まで高騰したカード。巫女で墓地に送るなら釣り上げた後のこいつ、と思っていたけど、新規カードが判明するごとに微妙な立ち位置に。新弾発売後も高騰の余地ありということで1000円前後の値段を維持していた一方、買取価格は400~700がいいトコ。しかし1000円買取のお店をあっさり発見して即売却した。



●青き眼の巫女
Vジャン売れ残りまくっていた通り、あまり強そうに見えない、というのが登場当初の正直な感想。今後シナジーのあるカードが登場して高騰したら、青眼デッキを組むときにいらぬ出費になってしまう……、と思って3冊買ったVジャンプ。Vジャンプ以上の値段だったらなんでもいいや、ということで600円で売却。青眼デッキで3必須というわけでもないらしいよ。



●炎舞テンキ
月光の影響で高騰。売り値はレア、レアコレのスー、ともに6~700円くらい。俺は炎星剣闘獣・アライ舞剣闘獣・アンダル軸剣闘獣・炎舞コアキメイル等、同時に大量の天機を使っていた時期があったので、字レア3枚残して売りました。スーレアの方が若干売り値は高いけれど、買取価格はどちらも350円。ところで月光、テンキが高騰したとはいえ、かなり安く組めるデッキみたいだね。



●DDDダルク
ストレージ漁りで4,5枚発見したものが250円買取!これは嬉しい。




今後はゴールドシリーズも控えているので、再録で暴落しやすい、汎用ランク4が売り時?
最近のコナミは再録に躊躇なくなっているので、ビューとカステルアークナイト等、再録の可能性がありますね。
お店も情報速いので、思い切って先出し、売ってみるのもアリかな?


201601172231
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ