花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【映画】「ガラスの花と壊す世界」感想(20160109)
2016-01-09 001
今回は卒論時期ということもあったので友達を誰も誘わず、公開日最初の上映を見に行きました。
近頃は土日でさえもゆっくり映画を見る時間すら取れないほどに忙しいので、この日は早起きして無理矢理映画を見る時間を作りました。
2016-01-10 001

以下映画の感想。

個人的に一番の見どころは、クライマックスの戦闘シーンやデュアルドロシーとリモの別れの部分よりも、かわいい女の子3人が挿入歌に合わせてくるくると場面を変えながら「あらゆる場所の、あらゆる時代」を巡ってリモの記憶にある花畑を探すシーン。

全体としてもキャラデや作画はよかったし、演出や美術、音楽もよかったし、1時間ちょいのオリジナルアニメ作品としてはかなり楽しめた。
ストーリーは、説明口調の会話で設定を押しつけながら展開されていった感じだった。
「どういうこと?まあ、そのうち説明あるやろ」という感じで映画を見ていたので、映画を見ている間は別に気にならなかったんだけど、見終わった後で「え?もう終わり?」という感想が残った。
帰りの電車の中でゆっくり考えていたら、「まあ、俺の理解度が追いついていないだけで、そんなに難しい話はしていなかったのかな」という感じで納得できる内容でした。
ストーリーは設定のひとつとして飲み込んだ方が楽しめると思うので、ストーリー展開の荒さを気にするあまり、この映画の良い部分、つまりキャラのかわいさ、映像、音楽の美しさまで楽しめなくなってしまうのはもったいないと思いました。


映画の感想のまとめ

よかったです。俺は楽しめました!


朝9時の上映を見て、昼12時の遊戯王の日の大会、昼14時の公認大会、18時~20時のアルバイト、20時~深夜2時のデュエリスト達との夜遊び、というなかなかにハードなスケジュールをこなし、いい休暇になりました。
卒業論文制作頑張ります。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ