花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
【折り紙話】「木葉」制作。+折紙探偵団153号
DSC07092.jpg
紙を選ばなくなったはいいが……。体の中央、ヒダを縛る紐や針金が必須になってしまった。
ぜんぜん手軽になってないやん

たぶん24センチの折り紙用紙でも折れるくらいにはまとまった。
いろいろな色の作品が作れるのはいいことだ。

写真では片面色つきの筋入りクラフト紙の切れ端で折ったもの。
研究室でアニメを見ながら折っていたが、針金を忘れたことに気づき
「うわー、家に帰るまで完成せんやん!」
と思って残念がっていたが10分も我慢できずに針金の代わりになるものを探した結果、ぜむクリップを伸ばして針金として使った。
ヒダの間に全部ノリ入れるのが面倒だった。






折紙探偵団153号が届きました。
DSC07083.jpg
携帯電話を無くして落ち込んでいた時期に届いたので封筒から出さずに床に投げていたんですけど、さいきんようやく読みました。
鶴田さんの作品が表紙を飾り、自分の参加した夏の東京コンベンションと国際大学折紙連盟の展示会のレポート、堀口さんの蛇腹のお話、神谷さんの折り図と、かなり楽しめる内容でした。俺はおうし座!
夏休みくっそ遊んでたせいか東京コンベンションと連盟の展示会の記憶がほとんどない……。10か月前くらいに思うけどまだ2か月たってないんだよなぁ。レポートに名前が出ていて嬉しかったけれども、展示した作品2つしか思い出せない……。俺の作品は蛇腹作品が注目されていたとのことでした。ガッチャ!
堀口さんの蛇腹の記事は、「蛇腹に使われる創作」をしている俺にとってはぜんぜん他人事ではないですね。俺は今までろくに勉強もせずに「ま、蛇腹で作ったらこんなもんだろ」と思って終わっていたので、課題とか考えたこともなかったですね。俺ってほんと今まで真面目に折り紙に取り組んだことねぇなって思いました。けっこう気分屋だからなぁ。

さいきんは折り紙モチべ超低い
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ