花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
仮ピーの蔵書紹介第4弾「GUNSLINGER GIRL」
P1010017_convert_20120318161046.jpg
作者;相田裕
出版社;アスキー・メディアワークス

ピノッキオ「この漫画を読まない奴は、僕が皆殺しにしてやる」
舞台はイタリア。

現実社会でも問題になっている、イタリアの南北問題について、政府に不満を覚えて北部独立を目指し、テロ行為を繰り返すテロ組織と、それを武力制裁する政府の暗躍機関の、あくなき戦いの物語。

この時点でストーリに吸い込まれそうになる。

ガンアクションが見どころだけど、実際に読んだところの話の核となるのは、何と言っても人間ドラマ

主人公は政府の暗躍機関になるけど、たびたびテロリスト側にも視点を移して、ありとあらゆるキャラに感情移入してしまう。

テロリストも政府の殺し屋も、それぞれ自分の正しいと思っていることを一心にして戦う。

燃えますねえ。

これはどっちを応援するとかいう読み方ではなく、純粋に、展開を楽しみ、戦いを楽しむ漫画であるといえます。

一方全国のロリコンかつM男の皆様は、殺し屋という設定の女の子に間違った視線を向けることで早期摘発を招くことがあるので注意が必要。

俺が義体で一番好きなのは、クラエスさんかアンジェリカちゃん!
クラエス。黒髪メガネ万歳。

アンジェリカ、なにげに花澤さん。
萌えますねえ。

でも作中で最も好きなキャラといえば、もちろんピノッキオ
イケメンは人生得してるんだろうなぁ……
ため息がでるほどかっこいい

このキャラは大好きですね。
かっこよすぎます、はい。
仮ピーにとって、ガンスリの主役はピノッキオです。
アニメの戦闘シーン、よかった!
アニメ自体の評価はそんなに高くないけども、全然関係ないです。
俺はめちゃくちゃ楽しめました。
ピノッキオがかっこよかったらそれでいいです。
アニメオリジナルの、実験橋での戦い、すごく熱かった。
すごく良かった。
ピノッキオ最高。

途中からは義体にスポットが当たっていくから全く登場しないけど。
(回想でちらちら……)
全く登場しなくなる理由については、俺はそうだと信じる。

セリフが長いうえに絵が苦手な人もいるかもしれませんが、一巻集中して読めば絶対に引き込まれること間違いなし。

ちなみにまだ連載中。
でもストーリーは終盤だから、終わるのは15、6巻くらいかな。

集めるのにも手ごろなボリュームです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ