花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【家族旅行】2015年8月30日、一日の出来事
DSC06623.jpg
帰省中の俺と姉と父の休日がたまたま奇跡的に重なる日が一日だけあったので近場の滝を見に行くことになりました。

DSC06651.jpg
DSC06625.jpg
まずは雄川の滝。
剃り立つ岸壁から染み出してできた滝が、帯状に並んでちょろちょろと流れる姿が見られるはず。

DSC06626.jpg
車を止めてから1、2キロほど遊歩道が続く。

DSC06648.jpg
DSC06633.jpg
その間の竹林や渓流の景観も見事。

DSC06629.jpg
この道のぼりくだりの繰り返しがけっこう長く続いてたけども、景色を楽しみながらだったから平気。

DSC06636.jpg
台風が通り過ぎた跡なので補修去れている道があった。
こころなしか水量も多く、遊歩道に迫るくらいのような。

DSC06628.jpg
途中で大きな橋の下をくぐる。

DSC06637.jpg
複数のお客さんとすれ違い、たどり着いた滝がコチラ。
ん?なんか水量がものすごいことになってない?

実はこの滝、この上流のダムの放水によるもの。
DSC06647.jpg
天然の、本来の雄川の滝は右手の方に見えて、目立たなくなっていた。

DSC06643.jpg
まぁ、これはこれで。

DSC06652.jpg
雄川の滝を去った後、遊歩道でくぐったあの橋の上に行ってみようというごく自然の流れに。

DSC06655.jpg
その道中、観光案内掲示板で滝の上流に展望台があるということを知ったので立ち寄る。
車でもちょっと遠かったw

DSC06657.jpg
すごい迫力。

20150830_140056_resized - コピー
カメラを構えながら、カメラを落としたときのことを考えるとちょっと身震いした。

DSC06661.jpg
そしてその帰りに橋に寄る。

DSC06665.jpg
美しい橋でした。

DSC06670.jpg
そして少し離れて、今度は轟の滝にやってきました。

DSC06671.jpg
雄川の滝と違って水量が安定しているのか、ここは遊泳地として有名。

DSC06672.jpg
渓流もほどよく整備されていて、ほどよい水量、程よい深さ。これはたぶん滝壺に飛び込んだりすると盛り上がる。

DSC06673.jpg
車で上流のようすも見に行くことができる。

そしてこの滝の近くに、建設中のダムがあると聞いたので見物に行きました。
DSC06676.jpg
こちらが建設途中の荒瀬ダム。
巨大な岩が、目が回るほど大量に敷き詰められていた。
頭がくらくらした。

DSC06675.jpg
地元の農地用水が確保できるようになって、エネルギー源もえられて。
地元のガソリンスタンドやタイヤ屋、修理屋は行き交うダンプを相手に、地元の飯屋は従業員を相手に経済を潤す。
しかし約10年前の構想がどこまで通用するか、見ものですね(ひとりチェスしながら)。

DSC06674.jpg
人の力はすごいなぁ。


おわり
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ