花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
【折り紙教室】8月24日開催!なんと地元花岡で、仮ピー氏初の折り紙教室
20150824_110433_resized.jpg


鹿屋市夏休みイベントの一貫として、市にも宣伝に協力していただきました。
開催地は花岡地区公民館。
20150824_110641_resized.jpg

教室は定員20人ということだったが希望者が予想よりも多く集まり、定員を30人に拡大するもキャンセル待ちが発生してしまう事態となった。
教室が8月24日ということは1か月以上前から決まっていたにもかかわらず、帰省の関係から打ち合わせは8月21日という直前になってしまった。
しかし希望者の年齢が早めに把握できていたため、教室の準備は打ち合わせ前に進めることができた。
大型のテレビを借りることができたので、折り紙の「すごさ」を簡単にプレゼンした後、工程写真を映しながら簡単な伝承折り紙の作り方を教えた。
教室に来てくれたのは小学校低学年を中心とした子供たちと、その保護者。
折り鶴が折れない人がほとんどだったので、まずは折り鶴を教える。
「なかわり折り」が子供たちにとっては難しかったご様子。

それでもなんとか全員完成させることができた。
完成した折り鶴を息を吹いて膨らませ、手に持ってビュンビュン飛ばして遊んでくれて、喜んでくれたようでなにより。

その後宝船のつくり方を教える。
折り鶴を知っている人はちょっとここまで退屈だったかもしれないが、宝船を知っている人が一人もいないw
宝船の工程は、最後に引っ張って立体化する部分があるので、予想通り子供たちは喜んでくれた。
第21回コンベンションの俺の講習で発表した「エンターテイメント折り紙」が炸裂。

伝承折り紙は偉大!

20150824_110636_resized.jpg
2時間の教室だったので、ずっと座りっぱなしでは子供たちは集中力が切れて飽きてしまう。
前半伝承折紙、途中休憩で創作作品を披露した。
ぽかん、としていた気もするが、「はさみを使わず、一枚で折れるんだよ」と説明したら「すげー!」と歓声が上がった。

トイレ休憩をはさんで最後の40分ほどは、折り鶴を改造して作れる小鳥の簡易バージョンを、折り工程写真集を配布して紹介。
折り図を作れない力不足な俺を許してくれ……。

とはいえ全員最後までおりあげることができた。

20150824_113443_resized.jpg
最後に作品と記念撮影、余った折り紙を配布、作例を欲しい人へじゃんけんで配布、展示していたドラゴンも欲しいと言った人にこっそりあげた。
退屈せずに楽しんでくれたようでとても嬉しい。
みんな折り紙を好きになってくれたかな?


実はこの折り紙教室、父と母と姉が見物にきていた。
来ていた、というよりは呼んだ。折り紙を通して成長した自分の姿を見せたかったのが本音である。
ちなみに写真は俺ではなく、姉が撮影したもの。

父や姉からは折り紙教室でのはきはきと子供たちの相手をする俺の姿を「意外」と評していたが、すべては大学での教育実習の経験のたまものである。
教職を務める母からは様々な参考になるアドバイスをいただいた。


DSC06717.jpg
そして公民館からは謝金をいただいた。
「来年もぜひ」と公民館長に言われ、「願ってもないです、ぜひ」と即答。
折り紙講師でお金をもらうのは初めてだったので、俺の中ではかなり大きな出来事だったと言える。




大好きな地元花岡で、大好きな折り紙を伝える機会をいただけたことを大変うれしく、そして誇りに思います。
参加してくださったみなさま、教室開催に協力してくださったみなさまに感謝します。
いつの日かまたお会いしましょう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ