花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【創作折り紙】「新星守の石像」制作過程その2
DSC05999.jpg
だいぶ前に買った、くたくたになった和紙を使って折ってみた。
DSC06000.jpg
クラフト・ハトロン・模造紙以外の紙は久しぶり。
柔らかい紙で折るとより生物っぽさが出て「石像」という感じがしなくなる。
次の記事では作品名が変わっていることだろうとおもう。

DSC06003.jpg
翼は一見よくまとまっているように見えるが、

DSC06001.jpg
裏はとても汚い。
2枚重ねて段折り、という翼ではなく、両側で段折り、という形にして、ギザギザは内側に折り込むようにしたら裏の見栄えを良くする工夫は出来る。
しかしその場合2段目の翼のギザギザの処理がちょっと変わってくる。

DSC06004.jpg
頭部のパーツは一切変わってないが、折るたびに違った顔に見える。

DSC06005.jpg
胸というか、首の付け根?の部分には目立たない装飾がちらほら。
「見えないけどあるよ」「ふやせるよ」「つくれるよ」「だせるよ」というカドを無理に見せようとすると、たいてい失敗するから今回はこれ以上さわらない。

DSC06006.jpg
尾はいつぞやのドラゴンでも使われたもの。
しかしこっちの面は作品の表には出てこない。

DSC06007.jpg
翼は内側しか見えないので、自然とディスプレイは羽を広げた姿になる。
尾も模様が綺麗に出てる面を表にするためには、背中から前方へ巻き返した形にしないとダメか。
尾は広げっぱなしの方がいいけどなぁ。尾の裏を何とかできればいいんだけど、ヒダの裂け目ががっつり見えるんだよなぁ。

DSC06009.jpg
久しぶりに台座つくりでもするかな。

つづく





さてさて今日はこれから今年度初の折り紙サークルの普段の活動に顔を出すよ。
院試も終わったし学祭の展示会も近いし、なにより俺が行ける日に無理に集まってもらうことになってしまったし。
言い逃れは出来ないな。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ