花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
【創作折り紙】「ギーブルサモンソーサラー-竜魂の憑代-」制作過程その2
DSC05846.jpg

(パソコンと)二人きりー、(勉強から)逃ー避行しーよー。
(ネットという名の)ジェット機チャーター、無人島バカンス(まとめ・動画サイト徘徊)
簡単にできちゃうの☆
DSC05844.jpg

続きです。
今回は針金を入れてのり付け済ませるまで。
徹折り2徹目となった。

一つお詫びというか、申し訳ないことがあって、

いや、まあいいや後で言おう。

DSC05846.jpg
とりあえず具体的なポージングを決めていく。
ギーブルが独立しているのが見どころだけど、あたかも人物の体の節々からギーブルの首や翼が生えているような、合成獣のような構図をはじめからなんとなく目指していた。
カドを人物の体に巻きつけるというアイディアはそこから生まれたもの。

DSC05849.jpg
左右のギーブルは人物の両腕に纏わせるだけでいいけれども、背中に配置された一匹はどういうポーズにしようかいざとなると迷う。
ギーブル同士や人物との接続部を隠すという役割を持っている、3匹の中でも特別な一匹ではあるのだが。
とりあえず3匹に共通して言えることは、一匹ずつ見ていったときに不自然な動きをしているように見せないことだけは気を付けた。

DSC05851.jpg
流石に3匹分のギーブル全部に針金を入れてノリ付けして固定してっていう作業は疲れた。
作業量もあるし、かなり時間がかかってもう朝になってしまった。
正面から見たときにギーブルの頭は全部見えるように……、って言うのはルールとして決めていたわけじゃないけど途中からなんとなくそれを目指していたかも。

DSC05850.jpg

やっぱ蛇腹グリッド線見苦しくない?

写真で見るとなおさら……。せめて帽子くらいは入れないよう工夫したいところか。



つづかない


え?おわり?


うん、おわり。
誤って写真を削除してしまったのでこの後の台座つくりと最終調整の工程の記事はお蔵入りになりました。


はいはい、おしまいおしまい。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ