花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
コスタリカの石球って知ってる?
コスタリカの石球は、コスタリカの密林で発見された、限りなく真球に近い石の球だ。

ロマンが形になったもの

1930年に発見されて、現在までに200個以上も見つかっている。
大きさは直径2センチのものから2メートルのものまで様々。
最大のものの重さは30トン近くもある。

このコスタリカの石球は、現在では再現不可能な、失われた技術、「ロストテクノロジー」を用いた「オーパーツ」という、ロマンに満ち溢れた、わくわくドキドキのアイテムに数えられている。

以前紹介した聖ヨゼフの階段と同様、どうやって作ったのかわかっていない(ほんとはわかってる)。
コスタリカ


石材を頑張って時間をかけて削っていっても、真球に近づくころにはとっても小さくなっていることは想像できると思う。
そうすると、特に、直径2メートルを超える大きな石球についてはどうやって作ったのか不思議でたまらない。

この石球は、見つかった際に周辺にあった遺構の年代より推定して、西暦300~800年にこの地で栄えたディキス石器文化によって作られたと考えられている。

当時あったであろう技術をかんがみたところ、球体への加工は、石斧や石像を加工した場合と同様に、まず加熱と冷却を繰り返して表面を崩していき、球体に近づいたところで同種の固い石でこつこつと叩いて形を整え、最後には磨き上げたものと考えられている。

だから時間があればできないこともなかった。

こちらとしては「現在の科学技術でできないことを昔の人がやった」というから面白いのであって、あまり上の太字のようなことは言ってほしくない。

でも事実は受け止めないと。

じゃあ、コスタリカの石球はオーパーツじゃないのか?

って言いたくもなるんだけど、この石球はまだまだ魅力的。

まだまだ謎は尽きないぞ

そう、この石球をつくった目的はまだわかっていないんだ。

「時間をかければ石を削って真球に近づけることができる」とは言っても、200個もの石球を作るのは相当の労力と時間をかけたであろうことには変わりない。

そんな労力を持って、この石を作って、しかも密林にばらまいたのには何か重要な目的があったとみて間違いない。

例えば儀式の魔法陣だったのかもしれない。
宇宙人と交流するための……。

冗談はさておき、石の大きさや配置から、星座を模したものだったのかもしれない。
そんな説が挙がっている。

でっかい石は一等星、小さい石はそれより等級の小さな星。

うん、その説は納得がいく。

しかし非常に残念なことに、石球が見つけられた時に持ち帰えられたり、破壊されたりしたためにその確認は不可能となっている。

なんでも、「この不思議な丸い石球の中には、金銀財宝が詰まっているに違いない」なんて噂が流れて、金の亡者たちがバッコバコ叩き割ってしまったらしいのだ。

ああ、もったいない。
かわいそうな石球。



真球との誤差はほとんどなく、また、大きさがほとんど同じ石球が複数見つかっているものもあるという、まさに「奇跡の彫像」なんだけど、人々に「その中に金銀財宝が眠っている」と思わせてしまうほど、魅力的な石球だ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.