花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
仮ピーの蔵書紹介第二弾「蟲師」
映画化もしてる
作者;漆原友紀
出版社;講談社

淡幽「めちゃくちゃ面白いぞ。ぜひ読んでくれな。」
これははまるね。

ブラックジャック好きな人はこの「蟲師」も好きなはず。

独特の筆使いで描かれる古風な世界観はなんか読んでいるこちらを和ませてくれる。

流れ者の主人公が、行く先々で「蟲」に関する問題を抱えている人々を助けていく、というストーリーなんだけど、俺が「風来のシレン」が好き過ぎるせいで、この「流れ者」っていうのにすごくあこがれる。

その、問題を抱える人々のドラマにもきっちり回想で触れて、ストーリーに引き込まれる。

時間をかけてじっくり読み味わいたい作品ですね。

アニメも面白くって、何がすごいっていうと、原作とセリフも描写も全く手が付けられていない点なんだ。

手の加えようのない、いかに洗練された原作になっているかが理解できるだろう。

あと、漫画本の肌触りもグッド。

ただ後半のネタ切れ感が伝わってきたのはいただけなかった。

禁種の蟲の話で最終話締めくくってくれたら最高だった。

てかマジ気になるんだけど、禁種の蟲。

結局解決しなかったんだよな。

クマドさんの回が俺大好きだったから、もう一度出してほしかった。

虫が嫌いな人は見れないとか、そういうことは全くないのでぜひ読んでください。

これを読めば身の回りで起きる不思議な現象にも、ある程度は対処できるはずです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.