花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【創作折り紙】「白鳥」の作り方。「ORiDLM@STAR!!」約3年越しの続編。
DSC04842.jpg

そうなんよ~。3年前も同じ記事書いたんよ~。
と、言うわけで何番煎じか知らないが、折り鶴から作れる白鳥を紹介。
折っていただけると幸いです。

DSC04816.jpg
まずは、

DSC04817.jpg
折り鶴を折る。


さて、白い紙で作例を追っているが、この時点で「折り方紹介記事」としてこの記事がどれだけ劣悪なものか分かる。なにをやっとんじゃこのバカが。

DSC04818.jpg
あともう一つ反省するとしたら、机の上にボンドと目ざまし時計を置き忘れた……!!!
実はこれが一番痛かったりする。

羽は広げる。背中も限界まで広げてつぶしてもらって結構。


DSC04819.jpg
まずは頭部改造。

DSC04820.jpg
鶴の首の内側の紙を広げて
DSC04821.jpg

DSC04822.jpg
潰す。

DSC04823.jpg
段折りでくちばしを作る。

DSC04824.jpg
次は尻尾。

DSC04825.jpg
広げる。

DSC04826.jpg
程よくカドを上に折る。

DSC04827.jpg
内側の紙を広げておく。

DSC04828.jpg
裏返すとこのように見える。

DSC04829.jpg
羽に角度等分の折筋を付ける。
この時すべての折筋は谷折り・山折りを統一しておくとよい。

DSC04830.jpg
微小段折りで羽の模様を付ける。
この時模様と模様の間の角度が統一されていると綺麗に見える。

DSC04831.jpg
内側に模様を巻き込んで折り込むと折りが広がらなくなる。

DSC04832.jpg
反対の羽も同様に折る。
この時自然に羽が持ち上がってくる。

DSC04833.jpg
持ち上がってくるがままに折りたたむとこのようになる。

DSC04834.jpg
首からケツまでをかぶせ折りする。

DSC04835.jpg
広げて折り上げた尻尾カドがかぶせ折りに巻き込まれているので、これを引っ張り出す。

DSC04836.jpg
引っ張り出したカドを首の付け根にはさむ。

DSC04837.jpg
カドを折り込んではさんだ尻尾カドを固定する。

DSC04838.jpg
全体の形を整える。

DSC04842.jpg
スタンドがあると見栄えがしてよいでしょう。

DSC04845 (1 (1)
DSC04845 (1 (2)
できあがり!


ようするに最近の俺は何番煎じか分からないようなものしか折ってないんです。


ただね、「鶴の基本形から……」とかではなく、羽まで広げた完成した鶴を使って折れるところが面白いかなと思ったんです。

……面白くないか。なんかごめん


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ