花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【アニメ】「アイマスシンデレラガールズ」6話感想
c05d1530-s.jpg

主に本田未央の性格や言動について賛否両論あるみたいですが、俺はものすごく良い回だと思いました。


まず第3話、ニュージェネの3人はろくに経験を積まないまま最初の大舞台を大成功に収め、その後すぐにデビューも決まる。トントン拍子で進む展開に、「自分はすごいんだ」と思い込んですっかり天狗になってしまっていた。
一方ラブライカの二人はステージに立ったことがなく、「曲と衣装だけ」で単身挑む不安や恐怖があった。
同じ舞台に立っていて、おそらく同じ数のお客さんを相手にしているにもかかわらず、ラブライカとニュージェネの心境がうまく対比されていたのは素晴らしかった。

未央の「お客さん全然少ない!」「もうアイドルやめる!」っていう流れは、彼女が「子供っぽい」「わがまま」「傲慢」「薄っぺらい」などの感想が漏れるかもしれないが、それでいい。

むしろそう思わせることができたら第六話は大成功。


未央はリーダーとして卯月と凛を引っ張る立場であることを喜んでいて、成功から得た自信も持っていた。
それを一気に友人の前で恥をかかされるという形でへし折られると、「アイドルやめる!」って感情的になってしまうのは別に不思議でもなんでもないんじゃないかな?
俺がおおっ、って思ったのは、プロデューサーが「つまり……、以前より盛り上がりにかける、と……。」と未央の言葉を確認した時、未央の表情が曇るところ。
未央も、自分がめちゃくちゃなことを言っていることは分かっていて、そのうえで感情的にならずにはいられない、誰かのせいにして逃げ出したくなってしまいたい、そんな彼女の「未熟さ」が詰まった第6話終盤だったのではないだろうか。

いうなれば劇場版アイマスの可奈に似ている。
「えっ!?たったこれだけの理由!?」と、思わせることができれば成功、っていうのは、これから成長する姿を描くうえで必要な、キャラクターの未熟な部分をそれだけうまく伝えられているということだ。


今はまだ、わがままで高慢ちきでメンタル弱くていいんです!!

これからプロデューサーや他のアイドルたちと一緒に成長していくんだから!!!



個人的な第六話の他の見どころは、
・「お客さんが盛り上げてくれるよ」と楽観的な未央の言葉をうのみにしてしまう卯月と凛。未央にばかり目が行きがちだけど、この二人も美嘉とのステージでの成功によって天狗になってしまっていたんだね。単に「練習頑張ったから本番成功した、やったー」っていうスポ根的な展開もいいけど、理想と現実のギャップや挫折を味わうのも、成長物語の上では重要なんだと思います。
・ラブライカや美嘉がステージを終えたニュージェネに対し「お疲れ様」「良かったよ~」と声掛けしているのに対し、Pだけ未央の異変に気付いているところ。未央の様子がおかしいことをライブシーンで強調されてはいたけれど、少なくとも美嘉すら異変に気付けないくらいステージの出来自体は良かったのだと思う。でもPはちゃんと異変に気づいてた、でもその理由は分からなかった、そんな未央たち同様Pも未熟な面が際立っていたところが良かった。と、いうか。「この前のステージって、もしかしてあたしと出たライブのこと?」と美嘉が確認したように、この3人が期待していたステージと、デビュー記念のミニライブは似ても似つかない、むしろなぜそんな期待したのか誰も想像もできなかった、という感じだったから単にPが未熟ってことはないと思うけど。
・「アイドルやめる!」と言って飛び出した未央を追いかける卯月と、Pを睨む凛。あの状況でPが「今日の結果は当然のものです」と言ったのは、「これからファンを増やしていけばいい」と甘い言葉で励ますのはちょっと違うんじゃないかな。凛がPを睨んだのは、開演前のPと未央の「これが第一歩です。がんばってください」「え?それだけ?」というやり取りも踏まえている。凛も未央と同様、美嘉のステージと自分たちのステージのギャップにショックを受けているから、誰かのせいにしたい、未央を正当化することで自分も正当化したい(流石にここまではっきりした意図はないとおもうけどw)気持ちがあったのかな。
・未央の「アイドルやめる!」に対するプロデューサーの反応。プロデューサーも過去に闇を抱えているのだろうか……。なんかシンデレラプロジェクトが終わったら去るような言い回しもしていた気がする。
・まさかの吉澤記者登場。ポスターや雑誌にモバマス以外のアイマスキャラが登場しているのとは違い、ああもダイレクトに登場されると、「ひょっとしてバネPや765プロアイドルもしれっと登場するかも……」そんな期待をにおわせる吉澤記者であった。

卯月たちが売れっ子になった終盤で、変装した卯月が地下鉄で移動中、変装した春香と相席する、みたいなのが見たいです!!

シリアス回が5、6話と続いて、次回は未央回で一区切りかな。
第7話楽しみですねー!!
プロデューサーの力量が試される。プロデューサーが未央を立ち直らせたら、凛がプロデューサーに謝るシーンが見たいな。
未央はクラスメイトにも励まされて欲しい。そして彼女にみくはどう絡んでくるのか。

8話からはちょっと他のキャラにスポットを当て始めないと……。
2クールと言えどキャラが多いとほんとカツカツだな。序盤からシリアス大目になるはずだわ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
あれ、吉澤さんだったんだぁ

確か、1話で竜宮小町は出てきてたよね?
2015/02/21(土) 23:36:54 | URL | 姉 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ