花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【デッキ紹介】「遊戯ごっこデッキ」を作ってみた。永遠の魂がめちゃ強い!
永遠の魂

「遊戯デッキ」において、手札に来てしまったブラックマジシャンを有効活用するのは、今まで意外と「融合」が強かったりした。
しかし「永遠の魂」は手札のブラックマジシャンを直接出せるため、3積みされたブラックマジシャンを引いてしまっても事故回避に役立つ。また、手札からも出せるということは、ブラックマジシャンを一度墓地に送ってから蘇生するよりも準備が要らない分即効性も上がる。
相手ターンのエンドフェイズにブラックマジシャンを呼び出して、自分ターンにサーチした専用魔法カードを使うのが綺麗な動き。
ノーコストでサーチした魔法カードでアドをとることができれば、永遠の魂を砕かれたときのリカバリーを稼ぐことができる。
そのうえ超強力な耐性もつく。
永遠の魂が破壊されたときのデメリットのために、基本的に場には永遠の魂で出したブラックマジシャンか呪符竜以外はなるべく展開しない。
とりあえず、今日適当に組んだデッキ。

DSC04656.jpg
DSC04657.jpg
DSC04658.jpg
※裏カードは永遠の魂です。

基本戦術は、ブラックマジシャンを場に出して、専用魔法相手の場を空け、ブラックマジシャンや融合モンスターで攻める。


専用魔法
・「千本ナイフ」
この頃(第二期)の除去カードにしては珍しく、攻撃不可のデメリットがついていないのがポイント。「黒・魔・導」に比べて相手を選ばず除去がしやすいので、「永遠の魂」でサーチしたいカードの筆頭。

・「黒・魔・導」
「永遠の魂」でサーチできるので、「ハーピィの羽箒」の相互互換と呼べるカード。しかし「ブラック・マジシャン」や「プリズマー」を出す前に相手の魔法罠を除去したいのに、「ブラック・マジシャン」を出してからでないと発動できないのが痛い。

・「黒・魔・導・爆・裂・波」
「ブラック・マジシャン・ガール」自体が「ブラック・マジシャン」に比べて非常に出しづらいため、発動機会は少ない。「竜騎士」にも対応しているのが救いか。しかし「プリズマー」から発動できるカードの中ではかなり優秀なので一応採用。

・「騎士の称号」
この手のカードにしては珍しく、墓地の「ブラック・マジシャンズ・ナイト」も特殊召喚できる。「ブラック・マジシャンズ・ナイト」一枚に対して複数採用しても腐りづらいのは嬉しいところ。場を空けて直接攻撃できれば超強力。「思い出のブランコ」のデメリット帳消しや、『「プリズマー」のレベルを7にできる』のがとても強い。

・「賢者の宝石」
遊戯の使ったカードではなく杏子の使ったカード。このカードと「プリズマー」「ティマイオスの眼」で「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」の効果を使った上でランク7エクシーズまでつなげることが可能。



エクストラデッキ
・「呪符竜」
リカバリーのある唯一の「ブラック・マジシャン」融合モンスター。一度墓地に送られれば、「龍の鏡」で「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」「呪符竜」の融合素材になるため、複数必要。

・「超魔導剣士ブラック・パラディン」
突破されたときのリカバリーもなく、ランク4で簡単に突破されてしまうので、このカードを序盤で召喚して置いておくにはあまり頼りにならない。しかし魔法カードを封じる効果はデッキによってはかなり刺さるはずなので、入れておいて損はない。

・「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」
誘発即時の除去効果は、汎用性が高くこのデッキで不足しがちな制圧力を担う。レベルが7なのもポイント。

・「幻想の黒魔術師」
このデッキ、意外とランク7が作りづらいので、なかなか出す機会はない。しかも『デッキに「ブラック・マジシャン」が残ってない!』っていうのはよくある。しかし「ティマイオスの眼」や「騎士の称号」によって、「プリズマー」が勝手にレベル7になるので、召喚ルートは豊富。

・「究極竜騎士」
このデッキは打点不足が否めないので、高打点耐性持ちモンスターの解決策になってくれる。「沼地の魔神王」「融合」を採用しているので、結構簡単に出せるほか、「呪符竜」「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」と同様「龍の鏡」1枚で出せる。「ブラック・マジシャン」の専用魔法で相手の場を空けた後で出すと、ゲームエンドに持っていける。

・「始祖竜ワイアーム」
「ブラック・マジシャン」2体を融合して出せる。「龍の鏡」で出すこともできるが、「ブラック・マジシャン」2体を除外してしまうのは痛いので、手札に上級バニラが出て困っているときに手札融合すると、墓地肥しになってよい。

・「幻獣機ドラゴサック」
「永遠の魂」で並べた「ブラック・マジシャン」2体でエクシーズでき、「永遠の魂」のデメリットに耐性がある。

・「ダイガスタエメラル」
「サモンプリースト」「ゴブリンドバーグ」から出して、「ブラック・マジシャン」の蘇生とデッキ回復もできる。

・「ダークリベリオン・エクシーズ・ドラゴン」「迅雷の騎士ガイアドラグーン」
このデッキはメインデッキに融合素材となるドラゴン族を採用していないので、そこをエクストラデッキで補うことができる。


・採用を見送ったカード
・「黒・爆・裂・波・魔・導」
OCGでもちゃんと「ラーの翼神竜」を葬ることができる。「賢者の宝石」を採用しているとはいえ、「ブラック・マジシャン・ガール」がとても出し辛いため不採用。

・「ブラック・イリュージョン」
場の魔法使い族を守ることができるカードだが、「永遠の魂」のデメリットを帳消しにできないのが痛い。また、このデッキでは肝心の攻め手が「呪符竜」や「ブラック・マジシャンズ・ナイト」などの魔法使い族以外のモンスターであることも多いので、活躍の見込みはあまりない。

・「トーラの魔導書」
「ブラック・イリュージョン」と同じく、耐性を付けだけならば基本的には「永遠の魂」でよい。「ブラック・イリュージョン」とは異なり「永遠の魂」のデメリット回避になるが、1体しか守れないなら別にいいや……。

・「拡散する波動」
使いたいのはやまやまなカードだが、多くの場合は「千本ナイフ」した後で直接攻撃する方が良いし、効果を適用したモンスター以外のモンスターで攻撃できなくなるのが辛い。

・「ディメンション・マジック」「黒魔族復活の棺」
「ブラック・マジシャン」を指定せず、魔法使い族をサポートするカードだが、このデッキでは下級魔法使いはほとんどいないため、その汎用性の高さゆえに専用デッキではあまり活躍できないのが残念。

・「黒魔族のカーテン」
デッキからいきなり「ブラック・マジシャン」を呼び出し、「千本ナイフ」や「黒・魔・導」に繋げることができるのは非常に強力である反面、「ディマイオスの眼」「騎士の称号」につながらないのは非常に残念。デッキの「ブラック・マジシャン」を消費しすぎると「プリズマー」「幻想の黒魔術師」の効果を発動できないことも発生するので、今回は不採用。

・「王者の看破」
「永遠の魂」は長時間場にあればあるほど真価を発揮できるカード。カウンター罠で守りきれればかなり強そうだが、「永遠の魂」を守るためのカードを入れて「永遠の魂」に頼り切った構築になると、「永遠の魂」を引けなかったときがとても弱い。今回は「永遠の魂」を維持する戦いよりも爆発力の高いコンボ性を重視したため不採用。てか何回「永遠の魂」って言うんだ。


採用してよさそうなカード
・「強欲で謙虚な壺」
「永遠の魂」を序盤で引くために良いかもしれない。

・「マジシャンズ・サークル」
相手がシャドールでもない限りは一方的な展開が可能。召喚しづらいと言っていた「ブラック・マジシャン・ガール」も出せるのはなかなか強い。罠である点が玉にキズ。

・「レジェンド・オブ・ハート」「伝説の騎士ティマイオス」
このデッキは下級モンスターのほとんどが戦士族なので、必ず出しやすい。しかし2枚カードを使ってアドバンテージの取りにくい「伝説の騎士ティマイオス」だけ召喚するのも、採用した時の事故率を考えると割に合わない。ここはやはり、他の「伝説の竜」カード待ちだろう。高打点を一気に複数リクルートできればかなり強力なはずだ。その場合は専用構築になってしまうかもしれないが……。

・「黒炎の騎士ブラックフレアナイト」「幻影の騎士ミラージュナイト」
「ティマイオスの眼」から確実な戦闘破壊+2800ダメージを与えられると考えれば、フィニッシャーとして活躍が期待できる。

・「ヒーローアライブ」
「プリズマー」をリクルートし、展開の起点となる。「黒魔族のカーテン」より制約が緩く、「エアーマン」も採用すれば1枚で墓地肥しとランク4まで行うことができる。

・「補給部隊」
このデッキ、ある動画の構築を参考にしたもので、その動画のデッキではリカバリー確保のために「補給部隊」を採用していた。「永遠の魂」のデメリットを受けた後にドローできれば立て直しがしやすくなるかもしれない。

・下級ドラゴン族
「呪符竜」「竜騎士ブラック・マジシャン」を融合しやすくなる。相性の良いドラゴン族は何かいないものか……。






2500という値は、3倍しても8000にならない。

このデッキは相手のライフを1000以下まで削った挙句負ける、という負け方が多い。新規カードのおかげで軽量化と展開力強化を達成し、かねてから強力だった専用魔法カードも活躍できるようになった。しかし一度展開しても相手を仕留めそこなう場合がほとんどなうえ、盤面も返されやすいのが現状の課題。

まだまだ改良の余地ありという感じだが、今ではフリーで2転、3転するデュエルを楽しむことができるまで強化された。

みんなも遊戯ごっこを楽しみましょう!


行くぜ相棒!


行くよ!もう一人のボク!!


デュエル!!


俺の先行!ドロー!!……は出来ないので後攻を選ぶぜ……。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.