花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【遊戯王話】剣闘獣の重箱の隅。謙虚な心で、とにかく剣闘獣には敬意を払え
剣闘獣アンダル
内容はコメントをいただいたのにお応えして、
・剣闘を使う上で心がけるプレイング
・剣闘獣の重箱の隅

以上の2点。
・剣闘獣で心がけるプレイング
剣闘獣レティアリィ
しいて言うなら「プレミをしない」こと?
プレミもといナメプをしてもカードパワーで押し切れてしまうような環境デッキと戦かって勝ちたいんだったら、こっちがプレミをしている場合ではない。プレミで試合落とすと本当に凹むからなぁ……。
と、いうわけで、剣闘獣に限って心がけないといけないプレイングってあんまりない。
まあ、大会で剣闘獣つかってて「あるある」なのが、2試合目以降、ムルミロレティをサイドデッキにひっこめたりする事があると思うけど、試合中にそれらが欲しくなる状況に遭遇すること。

(うわー……。レティアリィ使わないと思ったからサイドデッキに入れちゃったけど今めっちゃ欲しい……)

俺「あの……、サイドデッキからレティアリィ特殊召喚していいですか?」

対戦相手「いいわけねえだろwww」

ってことをなくすために、相手のデッキをよく観察することは大事かな。2試合目以降、どの剣闘獣が不要なのかを考える。

それから、試合中にデッキに入ってる剣闘獣は全部把握しておく。
(うわ……。ダリウス出すつもりで戦闘したのにデッキにダリウスがいねぇ……)
なんてミスは論外。エクシーズ素材で剣闘獣は墓地に貯まりやすくなったから、ダリウス切れには気を付ける。底力超重要。

序盤で手札に剣闘獣がだぶついているとき、天枢やアウグストルを採用していない限りでは、罠がなくて守れないことが確定していても、剣闘獣をセットするのは大事。
剣闘獣は基本的に手札でだぶ付いているより墓地にある方が、ダリウス吊り上げ対象確保のためによっぽど役に立つ。



・剣闘獣の重箱の隅
剣闘獣ダリウス
剣闘獣の重箱の隅で有名なものといえばダリウス。
剣闘獣の剣闘効果は「剣闘獣の効果で特殊召喚した時」であって、決してデッキから特殊召喚した時だけ発動されるわけではない。ダリウスの吊り上げにはさまざまな制約がついているが、うまく使えば剣闘獣の効果発動のトリガーになり得る。
ダリウスの効果で吊り上げた剣闘獣は効果が無効になるが、効果の発動は可能なので、ムルミロベストロエクイテガイザ等は対象を取ることが可能。そして効果が無効になる範囲はスキルドレインと同じく「効果処理時に場に表側で存在する限り」しかも「釣り上げたモンスターとダリウスがともに場に表側で存在する限り」なので、ダリウスや吊り上げ先が奈落や激流葬に引っかかった場合はうっかり剣闘獣の効果が発動してしまうこともあるのだ。

ダリウスで一番釣り上げることの多いのはベストロウリィだと思うけど、これはプレイヤー同士のマナーの問題だが、ベストロウリィを釣り上げたときは必ず対象を取るようにしよう。
相手にバックが二枚あるときにベストロウリィを釣り上げて、「どうせ効果無効だし」「どうせ今からガイザで全部割るし」とは決して思わず、必ず対象を選ぶこと。
2枚のウチ一枚が奈落の落とし穴で、それを発動された場合、「あっ!もう一枚割れたかもしれなかったのに……」ってなってそれが原因で優勢がひっくり返り負ける、なんてことになったら絶対楽しくない。
そもそもベストロやムルミロの破壊効果は強制効果なのだから、対象を選ぶのは必ず行わなければならな処理だ。くれぐれも対象を指定し忘れてもめごとになるなんてことは避けよう。

また、最近こういうデュエリスト増えたんだけど、

俺「ダリウスでベストロウリィ吊り上げ!チェーンは?」

相手「ないです」

俺「ベストロウリィ特殊召喚!効果対象はそれ!!チェーンは?」

相手「くっ!ないです……」←うっかり伏せカードをめくっちゃう

俺「いやいや!!解決時にベストロ効果無効になるから破壊する必要はないよ!」



あるある過ぎて悲しい。

剣闘獣といえば「安くて強い!」デッキとしてデュエリストならば誰もが手にしたカードであったはずなのに、今となってはダリウスの効果も良く知られていないのが現状。
「ダリウスの効果を知らないのが悪い!」と言ってしまえばそれまでだけど、こういうトラブルの場合こちらが情報アドを一方的に得てしまうことになるので、対戦相手も良い思いはしない。
ベストロで対象を取るときに、「一応対象とっときます~」くらいのニュアンスで指定したら、相手もダリウスの効果をちゃんと理解してくれるはず。
自分のダリウスに月の書を使うことで釣り上げた剣闘獣の効果を使うという戦術はあるにはあるが、奈落回避の場合ならまだしも制限カードで汎用性の高い月の書を使ってまで発動させたい剣闘効果はあんまりない。
エクイテを釣り上げて戦車を回収するにしても、たいていの場合月の書の方が強いから、俺も月の書3積みの頃に1回しか使った覚えないかも……。

ダリウス関連以外の話だと、底力の話。
剣闘獣の底力
ブラフとして大活躍の底力さん。猫剣闘獣のときサモプリのコストにするのが大好きだった。
回収するときに剣闘獣をデッキに戻すのはコスト。効果ではないので、ネクロバレー下でも剣闘切れ防止として役立つ。
しかしコストである利点もある反面、融合モンスターをエクストラデッキに戻すことはできない。
回収&パンプ効果の発動はターン制限もないので、墓地に剣闘獣が溜まっているときは何回でも発動可能。攻撃力2800のラクエルを作って無理矢理相手モンスターを突破、ということは良くやる。
また、速攻魔法であるにもかかわらず、底力は自分のメインフェイズにしか回収効果を発動することができないという条件からか、俺はものすごく納得がいかないんだけど、回収効果はスペルスピード1なんだよなぁ……。
滅多にないとはいえ、自分のメインフェイズにDDクロウや転生の予言を使われたときに、チェーンしてデッキに剣闘獣を戻しつつ自身を回収、ということはできないのだ……。

剣闘獣サムニテ
他には、サムニテの重箱の隅。
サムニテのサーチ効果は、相手モンスターを戦闘で墓地に送らなければ発動できないため、剣闘獣と相性の良い次元の裂け目下では残念ながらサーチ効果を発動することはできない。
裂け目と剣闘獣のアンチシナジーと言えば、ほかにプリズマーもあげられる。
また、シュラと同じくシャドールリザードやシャドールドラゴンのリバース効果を踏んでしまった場合、効果を発動する前に場から消えるためサーチ効果を発動することはできない。
そしてさらに残念なのが、踏んでしまったリバース効果を戦車で無効にした場合、そのリバース効果モンスターはサムニテの戦闘ではなく、戦車によって破壊されてしまうため、実質、サムニテが戦闘破壊しているわけではないため、やはりサーチすることはできない。
最近よく見るハンドを戦闘破壊したときに、墓地効果を無効にしたい場合は大丈夫。
しかしサムニテ+戦車でハンド相手にサムニテ効果を発動するには自分ターンでなくてはならない
自分ターンにハンドを戦闘破壊した場合、自分に優先権があるため、
チェーン1:サムニテサーチ効果
チェーン2:戦闘破壊したハンド
チェーン3:剣闘獣の戦車
とできるが、相手のターンに自爆特攻されると、今度は相手に優先権があるため、サムニテ効果を発動したかったらチェーン2になってしまい、ハンドに戦車を発動するタイミングを失ってしまう。墓地効果を無効にするときは注意されたし。
まあ、ハンドで自爆特攻してくることはほとんどないと思うけど。


剣闘獣ネロキウス
ネロキウスの重箱の隅。
ネロキウスが戦闘を行うバトルステップにサイクロンを発動すると、AFを踏もうがフリーチェーンのカードだろうがなんだろうが、問答無用で破壊できる。
シャドールでネロキウスを突破する方法は意外と少ない。ネフィリムで突破することができないうえ、回収効果も発動せず、リバース効果はすべて発動することはできない。ハンドもネロキウスの前には無力。
シェキナーガを横にするくらいしかない。手札の少ない時にはシャドールフュージョンでアドバンテージを取られるのを覚悟でネロキウスを棒立ちにしておくのもアリ。
ネクロス相手にも、ヴァルキュルス、ディサイシブを発動させないネロキウスは頼りになるモンスターだ。
しかしユニコールがいては効果は無効だし、そもそもガイザ等が戦闘を行わずにネロキウスを立てるのは厳しい。ディサイシブやヴァルキュルスを発動させたくないから出したいモンスターなのに、そのためにはまず戦闘を行わないといけないのが辛いところ。
しかし一度出して戦車と共に維持できればなかなかの制圧力であることには間違いない。
最近の俺はもっぱら、ネロキウス+聖衣や戦車で単騎で攻めるのが好き。


剣闘獣ゲオルディアス
複数同時剣闘召喚の重箱の隅。
融合剣闘獣のほかにセクトル等、複数の剣闘獣を同時に特殊召喚する場合、チェーンの組み方を工夫すると苦手なモンスターを突破することができることもある。
例えばムルミロとレティアリィを同時に召喚して、
チェーン1:ムルミロ
チェーン2:レティ
にすると、トリシューラのネクロス等の発動タイミングを奪うことができる。
ダリウスならばチェーン2に発動すると罠除けになってよい。


スキルドレイン
スキルドレインの重箱の隅。
クリフォートなどに採用されるスキルドレインは、剣闘獣の剣闘効果を封殺してしまう恐ろしいカードだが、剣闘獣はまだ突破口の多い方。
まず、リクルート効果は効果解決時にデッキにいるため問題なく発動可能。場に出したベストロウリィに聖槍を打てば突破可能。
クリフォートの「レベル以下のランク・レベルのモンスターの効果を受けない」をスキドレで無効にしたままガイザでスキドレと同時に吹き飛ばすこともできるテクニックなので、クリフォート戦では必須。
似たような状況で、御前試合・群雄割拠もわりと簡単に突破可能。剣闘融合は裏側のモンスターで行うことができるため、ガイザでメタカードを割るのにはあまり苦労はしないかな。



・最後に
大会で負けが続くと気分が悪くなって、そのデッキをついつい使いたくなくなってしまうこともあると思う。
負けたときにはとにかく自分に原因を探す、謙虚な気持ちが大切。
それから、負けた結果、自分は何を得たのかを考える。
「なぜ、そのデッキを使うのか」について、常に確固たる信念を貫きましょう。
「強いから」「勝てるから」が使っている理由だったら、環境に乗り遅れたらどんどん新しいデッキに切り替えていけばいいし、「楽しいから」「好きだから」という理由で使っているデッキがあるのなら、とことんこだわりを持つ。
どんなデッキに対しても敬意を払って、遊戯王を楽しみましょう。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ