花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
【映画】「楽園追放」を見てきました(2014/11/16)
DSC04272.jpg
↑いつもの写真

友達5人と行って来た。
飲み会の後、人の家に転がり込んで二次会(カタン&遊戯王大会)に参加、11月16日午前4時に寝落ちし、3時間の睡眠のち家帰って着替えて駅に集合、映画を見に行った。
電車で移動中の40分は座る場所もなくてかなりキツかったけど、映画は眠気を吹っ飛ばすような素晴らしさだった。



監督・脚本のお二人のネームバリューですでに完成度の高さは約束されているようなもの、とはいえはやり自分の眼で確かめねば!

感想:めっちゃよかった。

「フルCG」「仮想世界」「ロボット」というキーワードを聞いていたから、もっとCG感、CGっぽいアクションがメインの映画かと思われたらそうではなく、アンジェラが地上に降りてからの行動がアナログだったのが意外だった。
それをフルCGで作ろうとしたときに、CGの役割が写実を求めるかといえばそうではなかったのがこの映画で一番ほめるべきところだと俺は思った。
CGでリアルに描いているんだけど、やっぱりアニメなんだよな。
アンジェラの表情が豊かなのが良かった。助けに来てくれたフロンティアセッターの「仁義ってやつです」の一言に対して吹き出してしまうときの様子とか。
それでいてサンドワーム戦や宇宙での空中戦、ロケット発射直前の攻防戦など、見せるところは見せる。CGと手書きのアニメの長所だけを引っ張ってきた感じ。

展開は王道と言えば王道。びっくり仰天するようなどんでん返しはなかった。無駄もなく綺麗にまとまっていたと思う。
旧世代のロボット軍団が地の利を活かして新世代のロボットを圧倒するような展開が俺は大好き。
特にラストの攻防戦では、アンジェラの操縦するアーハンから疲労感が伝わってくるのがすごく良かった。
ロボットから疲労感が伝わってくるの、いいよね。消耗しきったアンジェラに襲い掛かる敵のアーハンの影の冷徹さが映える。
アンジェラも同僚と戦いながら「あんたもトチ狂ったわねアンジェラ!キャリアを無駄にする気!?」みたいな人間らしい言葉を一言も交わさないあたり、仮想空間に生きる人たちの人間関係の薄さを物語る。
ディンゴは「素行に問題あり」と言われていたから、女好きキャラかなぁなんて思ってたけど実際は真逆だったな。
序盤のディンゴはアンジェラをかなり圧倒するシーンが多かった。エリートのはずのアンジェラを引っ張る頼りになる感じと、豊かな人間性がアンジェラとうまく対比できていた。フロンティアセッターも彼とすぐ打ち解けることができたから、見ている間にフロンティアセッターに対する懐疑心もなくすことができた。

一つ不満というか、「期待していたのになかったなぁ」、という点があって。

アンジェラが地上になじんできたころ、一度くらいは地上の服に着替えても良かったんじゃないですかねぇ
うどん(そば?)食ってるシーンで目立たないようにディンゴから上着を借りているときだけだったような……。
着替えられなかったのは設定の問題かもしれんけど、そういうところを見たかったなぁ……。
いや別に、プラグスーツも嫌いじゃないよ?あれめっちゃエロいし。
アンジェラは尻の形がすごく良かった。俺が一番そそるのは、フロンティアセッターに連れられてディンゴと並んで鉄の通路を歩いてロケットの場所まで歩いているシーン。
あのアンジェラの尻の肉の影がね、歩いているときに動くのが素晴らしかった。この仮ピー、思わず前かがみに。

映画を見終わった後、友達と飯食った後らしんばん・アニメイトに買い物に行った。
しばらく会話が劇中のセリフばかりだったのが面白いw
「仁義ってやつ?」
影響されやすすぎだろなんてノリのいい連中だw

ちなみにおれのお気に入りのセリフは、地球に降下中のアンジェラの

「辞表にしてはちょっと派手すぎたかしら」。だな。最高にかっこいい。

好きなシーンはいっぱいあるけど、やっぱ予告でも印象的だったセリフ「私、この世界を何も知らない」の時の、アンジェラが荒廃した地球に緑があふれるという幻想を見るシーンだな。
大気圏近いところまで吹っ飛ばされながらフロンティアセッターの誘いを断るときのアンジェラの心理を、彼女のセリフ以外の音が消える演出ですごくうまく表現できていて、俺はかなり感動したんだよなぁ。


DSC04274.jpg

この日最初の上映に行ったんだけど、2日目ということもあってほとんどが「現品限り」の札が張られていた。
もちろん劇場限定BDは見当たらなかったし、クリアファイルもBしか残ってなかった。
Tシャツは買ってないけど、買えばよかった。
パンフはいつも映画見た後に買ってるんだけど、この日は友達とすぐ飯食いに行ったから買うの忘れてた。
まあ、所持金もそんなに多くなかったし、パンフはいつでも買えるからいいか。

劇場公開と同時に発売のはずの画集がアニメイトに売ってなかった。
店員に聞いたら、2日遅れで入荷するらしい。なんてこった。

そして極めつけはBDはどこも予約でいっぱいだった。
これは本当にまいった。
財布の紐が固いことで有名なこの俺が、BD欲しくなるほどいい作品だと思わなかったから……。
完全に出遅れた。
アマゾンの布製ポスターのイラストはかなり気に入ってる(フロンティアセッターの帽子をかぶったアンジェラ)。かわいい。
一番気になるのはやっぱソフマップのフォトブック。描き下ろしとはたまげたなぁ。なんて豪華なんだ。

でもこの感じだと、店舗購入特典は諦めるしかなさそうね。


来週末また見にいこー。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.