花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
不思議な螺旋階段の魅力に浸ろう(聖ヨゼフの階段)
最も美しい階段といえば螺旋階段だと思うんだ。
imagesCAYFQ2ML.jpg
imagesCAMN8G2U.jpg
上から覗いても、下から見上げても、それはきっとため息ものだ。

中でも、上に載せた二枚の写真とはうってかわって、鳥肌ものの螺旋階段を紹介しよう。

これだ!

imag.jpg


分かるかな?

一枚目の写真のように、階段が壁にそって据えられているわけでも、二枚目の写真のように、一本の支柱に巻き付いているわけでもなく、空中で静止している、有名な「聖ヨゼフの階段」だ。

33段、360度に2回旋回する螺旋階段。
まるで空中に浮いているかのような不思議な階段。
RESIZE-Spiral-Staircase--300x399.jpg
その不自然さは見れば分かるとおりで、
「なんで壊れないんだ?」
と口をあんぐりと開けてふさがらなくなってしまいそう。

普通は自身の重みで一回りしただけでたおれてしまう。

偶然今の形を保っているだけだろう。
ぶっちゃけ、ネズミが通れば倒れそう。


なんて思うのは俺だけではないはず。

しかしその強度はこの通り。
yozehu.jpg
(昔の写真)

今では貴重な文化財だから、補強されている。
壊されちゃ作り直せないからね。

現代科学では作り方はもちろん、なぜ壊れないのか、すべて解明されていない世界の不思議の一つ。
また、階段の底のきれいにきれいにきれいに曲がった板も、当時の大工達はその精巧な貼り合わせに息を呑んだらしい。
しかし今では科学者達を驚かせている、というのは感慨深いねえ。


だからこの階段は「奇跡の階段」とよばれている。


さて、不思議なのは階段だけではない。

この階段が作られた話というのも実に摩訶不思議だ。


以下、この階段の誕生秘話に少し触れてみよう。


あと、この聖ヨゼフの階段をテーマにしたブログ記事は他にいくらでもあるので、そっちの方が詳しい上に面白いから、仮ピーの文章が嫌いな人はそっちに行っていいんだからね!!


アメリカ、ニューメキシコにある、1837年に着工され、五年後に完成したロレットチャペル。

imagesCAP21C3S.jpg


設計を担当した建築家は、すっごくおしゃれなチャペルもギャラリーも造ってくれたんだけど、ちょっとドジなお間抜けさんで、設計間近になって、チャペルとギャラリーをつなげる通路も階段も作るのを忘れちゃっていたことに気付いたのだ。

いろんな建築家に頼み込んでうまい具合に階段を作ってくれよ、とは言ったもののだれも無理だとしか言わない。


せっかくの聖歌隊用のおしゃれなギャラリーに、聖歌隊はハシゴで入場しなくてはならないのか!?


この事実にシスター達は激しくテンションダウン。

しかしそんな時、颯爽と謎の大工がひとり現る。

「俺が作ってやるきに。まかせとき」

シスター達は大喜び。

しかしその大工は手荷物程度の道具しか持たずにチャペルに入ってこもってしまう。

その間シスターは完成のために祈りを捧げていた。

すると大工はたったの九日で階段作りを終え、名前も素性も明かさずに去ってしまった。

完成した階段を見て、シスター達は思った。

彼が私たちの信仰する聖ヨゼフ本人だったのでは、と……。






かっけええええええええええええええええええええ!

ああ、なんてロマンティックなお話。

こんな伝説に残るような作品を作れる素敵な大人になりたいなあ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
Re: 階段
コメントありがとうございます。

記事で現代のらせん階段の例として挙げた二枚の写真ですが、実はどちらもグーグル画像検索で例として適したものを選んでコピペしたものなので、俺の撮影した写真ではないのです。

一応調べてみましたが、詳しい情報は見つかりませんでした。

なので質問には答えられません。
申し訳ないです。

では。
2012/09/16(日) 13:25:39 | URL | 花岡仮ピー #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/14(金) 09:38:16 | | # [ 編集 ]
No title
ツンデレか!
2012/03/12(月) 21:03:34 | URL | 姉 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.