花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
【夢日記】夢の中でも仮ピー君は最低だなぁ
7563e46a-s.jpg

2014年10月16日(教育実習中)に見たちょっと長い夢。
実家に帰省中。
ずいぶん長い休みを過ごしていたらしく、田舎でする遊びも減って、「地元の友達とどこかへ出かけよう」という話になった。


「でもどこへ何しに行くの?」


そこで思いついた遊びがこれだ。



DSC03932.jpg

「花岡の無人バスに乗って知らない場所に行こうぜ」

知らない場所も何も……、花岡を通ってるバスは全部バスセンターに行くのでは……。
しかし、という話をしていたら、親に
「あまり遠くに行きすぎると帰ってこれなくなるよ。行くならお金を大目に持っていきなさい」
と忠告を受けるほど、夢の中のバスは遠くまで人を運ぶシロモノのようだ。

思いついたが吉日、午前10時ごろ友達2人とバスに乗り込む。
俺たちは空っぽのバスを期待し、後ろの席を陣取るつもりで乗車口からぐんぐんバスの奥へすすんだが、残念。
先客がいた。

イマドキの若者4、5人の集団だった。
珍しいな、と思いながら仕方なく彼らのちょっと前の席に友達2人は座った。
3人のうち俺が最後に座ることになったのだが、若者集団の一人、小柄のくせにどこかでかい態度で座る男と目があった。

俺「あれっ!A(旧友の名)じゃん!」

A「お、おぉ……。よぅ……」

現実世界でまあそれなりに地元で仲良くしていた旧友だったが、夢の中とはいえ久々に会った。
彼はまー、茶髪にピアスで見ないうちにずいぶんと歌舞いちゃってまぁ……。

俺に声を掛けられたAは、周囲の人間から

「だれだれ?」
「Aの?知り合い?」

みたいに聞かれる。
Aは

「う、うん。昔の同級生……」

と、いかにも(うわぁ、見られるとまずい奴に会っちゃったなぁ)みたいな顔をしていた。
その上しかも隣の席に仲好さそうに女子と座っていたものだから、ちょっと意地悪したくなった。


俺「なになに?何の集まり?」

A「いやぁ……。サークルの集まりって言うかなんて言うか……」

AとAの隣に座る女の様子と、そのほかの若者集団の男女入り混じった席配置。
そしてA以外のメンツのひそひそと話す雰囲気を見て察した。

たぶんAの横の女はAの彼女ではない。
しかしかなり仲がよくそれは集団の中で公認されているようだ。
サークルの合宿イベントか何かで集まったにしては服も荷物も軽装すぎる。
おそらく全員財布と携帯電話くらいしか持ち歩いていない。
単に仲良しグループで遊びに出かけているのだろう。

そんな仲になじむAに対して、俺はなんだか嫉妬した。

俺「Aさー、なんかめちゃくちゃ変わったよね!」
↑めちゃくちゃ大きな声

A「あはは……。まーねー……」

すると大きな声に反応したのは俺と一緒にバスに乗った友達2人。
彼らも俺と同じく、Aの古きを知る仲だ。

友1「おお!Aじゃん!」

友2「久しぶり!」

さっきまで足広げて偉そうな態度で座っていたAが、どんどん縮こまっていくのがわかる。

友1「全然わかんなかったわ!」

友2「それよ!!」

2人とも、Aがどういう状況か、俺と同じように察したらしく、彼の恥ずかしい思い出話で盛り上がった。

友1「こいつさー、昔さー、こういうことあってさーwww」

俺「そしたらこいつさーwwww」

A「おい!!まじやめろって!!」

Aの仲間「ぎゃはははははwww」

彼は時折本気で不愉快そうな表情を見せるが、3人は構わず続けた。
Aの周囲の人間も大笑いしていた。


そんな、Aにとっては地獄のような数分を経たのち、夕暮れの港に着いた。
(バスに午前中乗って、数十分経ったら夕方とは一体……)

Aの仲間の一人が言った。

「お、終点だ。ここで降りないと」

Aのグループと俺たち3人はバスを降りた。
Aの仲間の一人は言った。

「楽しかったよ、またな」

俺たちはニヤニヤしながらAと別れを告げた。
その時Aは仲間たちに言った。

A「ごめん、今日はあいつらと一緒に行くわ」

俺は意外に思ったが、友達二人は

「おう、行こうぜ!」

みたいな雰囲気。
4人になった俺たちがAの仲間たちと別れたあと、友1は言った。

友1「で、結局あの連中なんなの?」

Aは

A「別になんでもない。思ったけど、やっぱお前たちといる方が楽しいわ」

と答えた。
俺たちは「ははは」、と笑いながら、夕焼けの港でAの仲間たちが乗る船を見送った。

A「お前らこの後どこ行くの?」

俺「べつになんも決めてない」

A[なんじゃそりゃ]

友1「ていうかここどこ?垂水港?桜島港?」

友2「たぶんこの海、日本海」

俺「まあ、知らないところに着いたから旅の目的は達成だな」



終わり。

なにちょっといい話みたいになってんの?
仮ピー氏最低だなw

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.