花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【旅行】花岡パトリオットの水着回!!(2014/08/23)
DSC03892.jpg


南薩摩の「あじろ浜」という浜辺に友人4人と行ってきました。


仮ピー「美希が一番なのー!」
仮ピー「一番は自分だぞー!」
仮ピー「そうはさせないよー!」
仮ピー「目標まで300メートル!」
仮ピー「突撃ぃ!」
仮ピー「あははっ!待ってよ―!ってうわぁ!どんがらがっしゃーん!」
仮ピー「春香ちゃん大丈夫!?」
仮ピー「日焼け止め忘れるなよー!」
仮ピー「海ぐらいではしゃぐなんてお子様ね……」
仮ピー「もうっ、ほったらかしにして―」
仮ピー「みんな、そんなに海が楽しいのかしら……」
仮ピー「海が、というより……、みんな一緒だから楽しいのよ~」
仮ピー「夏の太陽の眩しさは、いつもより心を開放的にさせます」
仮ピー「……くっ!」


ここまで暗唱


DSC03891.jpg

港に車を止めて、浜辺に船で到着。

DSC03882.jpg
港から海を見た様子。
午前中はめちゃくちゃ雨が降っていてこの日の旅行の決行は心配されたけれども、午前中の雨をすっかり忘れさせるくらいのもの。
本当に晴れてよかった。

DSC03883.jpg
うん、よかった。

DSC03885.jpg
浜辺までは船で移動と言ったけど、これがけっこうスピードあって楽しい。

DSC03890.jpg
風が気持ち良い。

DSC03892.jpg
ドキッ!男だらけの水着大会!

と言いたいところだけど狭い浜辺に結構な人数が集まっていて、中にはナンパ待ちの若い女性もいっぱいた。
話しかける度胸なんてないけどな。

あと、同窓会の集まりかなんか知らんが15人くらいのリア充集団がいた。

一つの浮き輪に窮屈そうに捉まるカップル、2ショット写真をスマホで自撮りするカップルもいた。
「ちっ……。リア充ばっかか」
「ふんっ!あのカップルの彼女、あんまかわいくないな!」
とまあ彼女いない歴=年齢男たち(チームフェアリーと呼ばれている)は口々に言ったが、

すぐになにも感じなくなるさ

嫉妬することも自分に焦りを覚えることも、そして羨ましいとすら感じなくなる。

そう、俺のように。

DSC03893.jpg
で、泳いだわけだけど思いつきだけで計画された旅行だったため、浮き輪も水中眼鏡もナシ。
無料貸し出しがあったにもかかわらずそれを知らなかったため本当に裸一貫で漂うことに。

水中眼鏡はなかったけど、サンゴとかウニとか黒と黄色と白の縞々模様の熱帯魚とか、青色のキラキラした熱帯魚とかたくさん見れた。
雨が降った後にもかかわらず水が澄んでてスゲーなと思った。

DSC03894.jpg
↑もはや何の写真かわかんねw

運動音痴の俺は脚がつかない場所で浮かぶこともへたくそだったため、岩場につかまりながら沖で泳ぐみんなのところに行こうとしたけれども、足の裏を岩場に埋め込まれた貝殻でズパズパ切ったのが辛かった。

水中眼鏡も浮き輪もないとキツいよ、マジで。

DSC03895.jpg
泳ぐのに飽きたら砂浜で定番のモニュメント制作。

DSC03897.jpg
仕事はええw

DSC03901.jpg
記念撮影してこの日は解散。

DSC03912.jpg
海で遊んだあとはやっぱ夕日がみたかったが、入り江の浜辺からは夕日は見れなかった。

DSC03913.jpg
しかし帰りの船で沈む前の太陽が海を照らしているのがすごく美しく見えた。

DSC03916.jpg
そして日が沈んでからやってきたのは、開聞岳に存在する、全国的に有名な心霊スポット、「開門トンネル」。
俺はこういうの全然平気なので、同じく怖いもの知らずだった友人一人と二人で、恐がりヘタレ男3人を置いてぐんぐんトンネルを進んでいった。けっこう長かったし坂道きつかった。
トンネルには天窓があって、そこから人が通る人を覗いているだとか、異世界につながっているだとかいう噂があるらしいがそんなことはなかった。
ただ、メンバーの一人(運転手)に何かが憑りついたらしく、めちゃくちゃ口が悪くなって運転が荒くなったとかいろいろあったけれどもまあ問題なく脱出できた。
海で遊び疲れていたので写真がないんだけど、近くから見た開聞岳はものすごく不気味に目に映った。
トンネルも恐い雰囲気は十分あったから、話の種に行ってみるのも面白いと思うよ。


その後5人で指宿の温泉に行って夕食。
その後鹿児島市内にUターンして戻り、屋台村へ行く。
そこで同級生の一人と合流して6人でシャレオツな飲み屋で4時ごろまで飲んで高校時代の思い出話に浸った。
すごいあれだった。うちのクラスって俺の知らないところで結構ドロドロしてたんだな。
あと久しぶりにサンシャインさん談義した。「うちのクラスの○○な女子ランキンッ!」とかやってなかなか興味深い議論・考察ができた。
「うちのクラスの女子をμ’sに当てはめると???」みたいなのを考察したら「2人で9人カバーできるwww」という結論でクッソ笑った。
長らく理解されまいと思っていた俺の「百合談義」の話を分かってくれる奴がおってそこでも議論捗った。
ごちうさ、ラブライブ、アイマスの議論・考察できてよかった(ほとんど俺がしゃべってるだけだったような気もするが……)。



楽しかった。
終わり。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ