花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【家族旅行】日南・鵜戸神宮、青島、サンメッセに行って来た(2014/08/10)
DSC03663.jpg

今年の夏の帰省において、家族5人がそろうのは8月10日の一日のみで、正月以来となりおそらく今年最後と思われる。
というわけで何かの記念に日帰り旅行に行くことに。
DSC03655.jpg

というわけで花岡から車で片道2時間、宮崎県の鵜戸神宮にやってきた。
本当は、「日本のモアイ像」で有名なサンメッセに行く予定もあったが前日過ぎ去った台風11号の後片付けで入口が進入禁止されていた……。

DSC03649.jpg

鵜戸神宮はこんなかんじで海岸に面した神宮。
境内はなかなか広く、一つの神宮なれどさまざまな風景が楽しめる。

DSC03656.jpg

本殿は洞窟の中。

DSC03657.jpg

森に、海に、洞窟に、朱色が映える。
かっこよ~。

DSC03644.jpg

台風翌日で人も少なかろうと思っていたがそんなことはなく、従業員も台風の後片付けで忙しそうだった。

DSC03654.jpg
これが鵜戸神宮の名物。
「運玉」という小石をあの岩のくぼみに投げ込んで入ったらいいことあるよ、だって。
俺と父親は5個投げて1つずつ入った。
しかしその後「女性は右手、男性は左手で投げないと効果ないよ」という張り紙を見つけ、運玉を買い直し再び投げる。
結果ひとつも入らなかった。
ちなみに家族5人誰も入らないという……。

DSC03653.jpg

今回駐車場の場所が悪く(本堂から遠い第二駐車場にとめてしまった)、ここに来るまでけっこう歩かされていたのでけっこう疲れた。

DSC03640.jpg

この800メートルの階段の向こうとか、まだまだ回れる場所は多かったけどここでいったん切り上げ。

DSC03674.jpg

それから少し北に進んで、あの有名な「鬼の洗濯板」を見物。

DSC03678.jpg

洗濯板みたいなギザギザの「波状石」が見える。
この近くの「道の駅フェニックス」で昼食。眺めの良い道の駅。
人がいっぱいいた。我が家と同じく台風翌日がものすごく晴れることを知って旅行に行く人は多いのかも。


DSC03691.jpg

青島まで付くと、波状石の道を間近で見ながらゆっくり歩く。

本当は青島までの道沿いに「サボテン・ハーブ園」という施設に立ち寄る予定だったのだが、リサーチ不足でじつは数年前にサボテン・ハーブ園は閉園していたのだった。
そして青島の「熱帯植物園」も、台風の後始末のため本日閉園。

DSC03690.jpg

回る予定だったスポットが次々と破綻し予定よりもかなり時間を余らせたまま「もう帰る?」みたいな流れに。

しかし物足りなさそうにしていた姉がサンメッセに電話
「台風の片づけ終わりましたー?」

聞いてはみるもので、我々が午前中通り過ぎた直後に、「台風の後片付けのため進入禁止」の看板は撤去されていた模様。

青島から来た道を引き返し、サンメッセに向かう。
この時気付いたが、波状岩は北上しながら眺めるよりも、南下しながら眺める方がきれいに見えた。

DSC03694.jpg
そしてやってきたサンメッセ。
有名なモアイ像の周りに人だかり。

特別展示みたいなかんじで、「世界の昆虫展」をやってた。
前日の「世界ふしぎ発見」で見た中米・東南アジアにいる珍しい色鮮やかな昆虫や、巨大昆虫の標本がいっぱい見れた。

DSC03699.jpg

この建物は夏至だが冬至だかに太陽が建物の真上をまっすぐ上がるのを観察することができるんだとか。

太平洋側は朝日しか見れないからなぁ。
朝日を売りにする場所なので早起きしていくのがいいんだけど。

DSC03700.jpg
で、これがモアイ像。建てられたきっかけは「世界ふしぎ発見」なのだとか。
世界に唯一の「イースター島公認のモアイ像」とうたっているが、「作っていいよ」と言った方々はモアイを作った方々と何の関係もない方々なんじゃ……。

DSC03702.jpg
記念撮影して帰った。

宮崎県は新幹線ハブられたり九州屈指の田舎県と名だかかったりといろいろと言われていますが、飯もうまいし高千穂峡もあるし、観光資源が非常に豊富な県だと思います。

次、家族が全員そろったらどこに行こうかな。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ