花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【折り紙話】第20回東京コンベンション、定員まで10人切ったよ
66e2c64c-s.jpg
↑ちなみに去年、初めて東京コンベンション行った時の俺はこんな感じ。

死ぬかと思った


大学受験で願書を出すじゃん?
同級生の元には次々と受験票が送られてくる中、自分のところにはまだ受験票が来ない。
そんなときすんごい不安になるよね。

「住所間違って送ったんじゃないか?」
「記載項目に不備があったんじゃないか?」

って。

そして俺の元には受理票が届いていない。

去年の俺だったら「もしギリギリになっても届かないようなら、そのときまた送ればいいや」ってなってるんだろうけど、今回は締切がかなり早いからそうもいかないな。
でもまぁ、そんな子供みたいなミスはしないだろう……、さすがに。
ドンと構えればいいさ、当日までには届く。

てか早く受理票を手にして安心したいんだったら、最初から早めに申し込み済ませればよかったじゃん……。




そんなこんなで、講師を申し込んだ人の受理票にしかるべき書類が云々みたいな話題もあったらしいけど、講師の締め切りが一応来週までってことになってるから、それまでは全体のプログラムも組めないだろうし、講師過多でふるいにかけることもできなかろう。
「講師が多すぎるので良かれと思って先着順にしました!」
とかだったらそれはもうおこだわ……。

ちなみに講師は足りていないって話を小耳にはさんだけど、ほんとかな。
俺のような露出の少ない「ぼっちオリガミスト」からすれば、年に数回しかないコンベンションが一年間で数少ないの講師をする機会だ。
コンベンション行くってなったら、絶対講師お願いするけどなぁ(チラッチラッ)。
まだ間に合う!まだ間に合う!



.
そういえば去年のコンベンションといえばあれだったなぁ。

「あのう!受理票の俺の名前!!漢字が間違ってるんですけど!!」

って事務所に電話した時、

「仮○○さんね、はいはい。ふふっ、こっちの書類では正しい字で受付されているので安心してください」

って言われて、

「はぁ……、そうですか……」

っていうことがあった。
ほいで、コンベンション当日も受付で参加費払って名前を言ったとき、

「ふふっ、仮○○さんね。はい、どうぞ。ふふっ

って紙袋もらって、

「はぁ、どうも……」

っていうことがあった。

電話に出た人誰だったんだろう……。
神谷さんや勝田さんであった可能性もあるだなぁ。つい最近教えてもらったけど。

そして、あのとき紙袋を渡してくれた青年(顔は覚えてないけど)と、電話に出た人の「ふふっ」を最近になってやたらフラッシュバックする。



それに去年のコンベンションといえば……ふふっ



いろいろ恥かいたなぁ


でもいい経験になった。
今度こそオレンジの改札をくぐればいいんだな!

オレンジの改札……、オレンジの改札……。
東京コワイ地下鉄マジコワイ。



あとはあれだな。「シロヤマ」じゃなくて「ハクサン」!



↓参考記事
第19回コンベンション(8月16日)
第19回コンベンション(8月17日)
第19回コンベンション(8月17日懇親会)
第19回コンベンション(8月18日)


関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/25(金) 22:56:49 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.