花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【折り紙話】ゴミ箱に放り込む後ろめたさを押しつけようって言うんだから仮ピー君は流石だぁ!!
175199892_1.jpg

折り紙って贈り物に向かないよねー。

っていう話題をサークルの時振ったら、「確かに!」って言う人と、「人にあげると好評だった」という人といて面白かった。

しかし紙を使う折り紙の性質上、日焼けにも湿気にも弱く、衝撃を受けたときの壊れやすさとかいろいろ考えると、陶器の置物よりはよっぽど壊れやすいと思うの。
何もしないで数日放置しただけでも自重で崩れるその脆さたるや。

そして一度壊れたら作り直すことも難しいし(貰った人にとっては)、ほこりが積もった時に拭き掃除ができないのも良くない。


そのくせ、「すこし形が崩れてきたけれど、捨てるには忍びない……」と思わせる何らかの思念が折り紙作品にはあるような気もする。
折り紙ってそういうところあるよね。

簡単に言うと、貰ったはいいが処理に困る。

例えば何年も前にもらった、色あせて茶色くなって、糸が切れてバラバラになった千羽鶴を平気で燃やせるゴミに出せるか、という。

ゴミに出すにしても、なにかしら申し訳ない、後ろめたい、縁起がよろしくない、と思って捨てる人がほとんどだと思う。
折り鶴みたいなのじゃなくても、単にぬいぐるみとかでもどんなにシミで汚れても捨てる前に一度ためらうでしょ?

それに折り鶴って折り紙で一番有名な作品だから、どんな折り紙作品も折り鶴と同じような気持ちで接してしまう人が多いんじゃないかな。

思うんだけど、花束と同じ扱いじゃダメ?

貰った花が枯れたら捨てるように、折り紙も壊れたら捨ててもらっていいと思うんだよ

事前に「あの人に渾身の折り紙作品を贈ろう」と思って作るなら、当然補強して台座も用意して、壊れないような工夫が必要。
そして壊れたり、汚れたりして、邪魔になった時は捨ててもらってかまわないよ。

だだしそれまでは目に届くところに飾っていてほしいな、なんて。

でも実際折り紙を人に贈る機会なんてめったにないし。
結局俺が折ってるのを見て、「完成したら頂戴」って流れになって「出来上がったからあげる」くらいのもんだよな。
しかも「完成したら頂戴」っていうセリフ自体社交儀礼的なところもあるし。

要するに人にあげるために折ってるというよりは、折っているものを人にあげるだけ。
だから補強なんてそんなものは無い。贈り物になる折り紙作品が壊れやすいのは当然というわけだ、俺の場合は。

それに「贈るための作品」ではない限り、基本的に折り紙は「人にあげてもいい」と思った時点で、作った自分にとってのその作品の役割は終わっている。
で、よくよく考えたんだけど、正直なところ「人にあげてもいい」と思って人に作品をあげた時点でそれは捨てたのと同じなんだな。
むしろゴミ箱に放り込む後ろめたさを押しつけたうえで自分の実力をひけらかそうって言うんだから仮ピー君は流石だぁ!出来た人間だね!オリガミストの鏡だよ!

考え方は人それぞれだけど、贈り物はやっぱ贈り物として制作に励むのが礼儀だね。

みんなはまっさらな紙にハートを折り込んでね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.