花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【折りサー活動報告】学園祭展示会開催!!盛況のうちに終了!(2014/06/29)
オリマスロゴ5

楽しかったー!!
今までの展示会の中で一番楽しかったかもしれん。

※訂正があります。間違った認識を与えてしまった可能性があるため、お手数ですがもう一度読み直していただくと嬉しいです。申し訳ございません(2014/06/29)
昨日、準備を終え、無事迎えた本番。


午前10時、開場!!!



そして展示会場の開場から30分もしないうちに、

DSC03356.jpg

仮ピー氏、さっそく展示会を放り出し友達と熱気球サークルの熱気球の見物にゆく。


俺気球のったことあるっけ?
俺は幼少のころ乗ったことがある気がするけど……、あれは夢だったのかもしれない。
気球を見に行った後、フリーマーケットの見物に行くが「11時からだよ」、と言われたので展示会場に引き返す。

そして午前11時になった瞬間、


仮ピー氏、展示会を放り出し友達とフリーマーケットに見物に行く。



なにか買ったの?


え……、遊戯王カードを少々……。

カードショップの知り合いがカードを売っていたので付き合いでちょっと買った。
あと折り紙の台座に使えそうな木のブロックや小物入れ、あとはおしゃれなガーデニング用品とか見て回った。
買ってないけど。


その後留守番していた後輩組と交代する形で俺が展示会で留守番。
後輩組もいろんなところ見物行って学園祭を楽しんでくれたかな?

DSC03357.jpg

人の出入りはまあまあ。時間帯によって差が激しいのはいつものことだが、暇なときはとことん暇。
展示を見に来てくれる人がいても、こっちもあっちもなにも接触を取らないお通夜状態だったりする。

留守番の仕事は、会場に見に来てくれた人に対して「こんにちわー」って言って、出ていくときに「ありがとうございましたー」って挨拶する。
あとは尋ねられたことには答える、作品が倒れたら起こす、とか。

例年とくらべて、作品について質問してくれるアクティブなお客さんはあんまりいなかったなー。
いや、こっちからももっともあぐれっしぶに話しかけるべきだったんだろうけど。

DSC03368.jpg
展示会では、「この大きさの紙を使いました!」っていうサンプルを用意。

DSC03358.jpg

毎年好評の掲示板コーナー。

いろんなコメント、感想をいただけて感激です!

DSC03360.jpg

知り合いが残した身内ネタやアニメネタも目立つが、「毎年楽しみにしています」っていう感想が単にうれしい。
今までやってきたのは自己満足じゃなかったんだな、って思える。


あと、今回は初の試みとして、
DSC03366.jpg
サークル員の勧誘をプッシュしてみた。



でかでかと書かれた
「サークル員大募集!!!サークル員不足のため、現在大ピンチ!!!」
の文字は多くの人の目に留まっていたはず。


ただし効果があるかどうかは話が別。
かねてからツイッタ-で接触のあった人と初対面したりなど、収穫がなかったわけではないが。


さてさて、今回の俺の展示作品は
DSC03355.jpg
「S・O・Mid Knight(サイレント・オリガミ・ミッドナイト)」などをはじめとする比較的新しいオリジナル作品。
他に「折り紙の天使」「カミオルゴーム(ブログ未発表作品)」「オリゲーター」「ーー(ブログ未発表作品)」「紙胡蝶」などの蛇腹作品が並ぶ。
(各作品のリンクや画像は省略。気になる人は左の検索バーで検索してみてね)


そして、「去年の展示作品」と銘打って、持って行った「ギーブル古城の魔女」「折り紙の騎士」を展示済みの作品の中で例外的に今回も展示した。
今回初めて展示会にやってきた人たちに、「『前回』があったことを知らせる」「『次回』を期待させる」ことで、リピーターを生むのが狙いだ。

また、九州コンベンションで俺が講師を務めた作品「帆船とクジラ」を、「折り紙サークルの活動報告」という扱いで展開図とともに展示。
今まで作品の展示はしてきたが、展開図は展示したことがなかった。
展開図を読めない人に展開図を見せても何も面白くないに決まっている、と思っていたからだ。
しかし実際それは全部間違いで、作品とともに展示される展開図もなかなか好評だった。
たとえ読めなくても、「こうやって作ってるんだ」「こういう世界があるんだ」ということを伝える手段の一つになった。

DSC03354 - コピー

俺にとって一抹の不安だった「創作物でない展示品」。
もちろん創作者・出典を作品票に明記したうえでの展示だが、もちろん好評。

うちのサークルのように折り手、中でも創作ができる組の創作作品展示だと、ジャンルは偏るしサークルとしての敷居も上がる(創作できない人は展示できない)。
それにさまざまな層がやってくる大学祭の展示会のような場所ではより多くの人たちに楽しんでもらうという目的だったなら、展示作品はジャンルを散らしておかなくちゃならないから、書籍等から作品を引っ張ってくるほうが賢い。
ここで「でもやっぱり創作物だけで……」とこだわりを見せる意味は全くない。

ただ、一回だけ困ったのが、大学生協や写真部広報が取材に来たとき。

「記事書きたいんで写真をとってもいいですかー」って聞かれて、もちろん「どうぞどうぞ」って言うんだけど、採用される写真が創作者に許可なく展示している作品って、それってどうなの?っていう。

創作品以外の展示は初めてだったとはいえ、もうちょっとよく考えとくべきやったな。

創作品か、人の作品を折ったものか、っていうのは、作品票に書くだけじゃなく展示スペースを明確に分けるべきだった。

そしたら「これ創作?」って聞かれたときに
「これは創作じゃないんですけどこれは創作です。そしてこれも創作」
「これは?」
「それは創作ではなくて……」
「あらそう……」(残念そうな顔)
ってならずに、「あっちの台は全部創作!他は違う!」って言える。
広報の人にも「あっちの台の写真使って!!」って言える。

奥が深いわ、展示会。


DSC03375.jpg

昼食終えて戻ってきたら、コンベンション経験者とおっしゃる方にお会いした。
なんとびっくりしたことに、俺のことを知っている!

さっそく展示会場のスタッフエリアで作品を折ってくれました。コンベンションで受賞経験があるという実力の持ち主というだけあって、俺とhifmi君と三人で「折り紙あるある」を語りまくり、あとは俺が作品の解説をしてそれにコメントをいただいたりと、かなり充実した時間を過ごすことができた。
午後2時~4時くらいまで折り紙話で盛り上がってたんじゃないかなw

「仮ピー君、ここの大学だったんだ。知ってたら去年も一昨年も来たのに」
そういっていただけると嬉しいです。半年後の学園祭もお待ちしています。

しかし折り紙界って狭いな……。
このクソブログが一体どこで知れ渡ったのか。どこで誰が見てるかわからん。
今後口には気を付けよう。




とか言ってるとね、もう一人現れたよ!!

「仮ピーさんですよね?」と声をかけてくれた彼女「ブログ見てますよ」と言われてまあキョドったんだけど、話を聞いていればああなるほど、俺の友達の彼の友人か。

遊戯王やってるそうだから、たぶん友達の彼の影響とそっち方面でこのブログを知ったんだろうけど、そういう人が遊戯王と関係のない、折り紙の展示会に来てくれるって言うのは面白いよね。
なにかしらのきっかけでこのブログを知ってくれた人が、そのきっかけとは別の要素に興味を持ってくれるのは単にうれしい。


あとはそうだな……。
大学入ってからずっとつるんでる連中も初めて展示会にやってきて、俺の作品を見てくれたりしてたな。
大学での俺にとって、折り紙はもはやかくし芸だからね。驚いた友達の顔を見るのはちょっと鼻が高い。

DSC03369.jpg

そんなこんなであっという間に展示会は終了!
入口の前で記念撮影。「M@STERPIECE」が流れてきそうなポーズw

時間の都合上ほかのメンバーが帰ってしまったため、撤収作業は俺とhifmi君の2人で。
30分そこらで終わったあとは、
DSC03373.jpg
自慢の一品を持って記念撮影。

楽しい展示会だったな!




でも一番の反省点は間違いなく、髭を剃り忘れていたことだな!!!



お越しくださったみなさま、ありがとうございました。
またご縁があればお会いしましょう。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.