花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【お買い物】和紙を買った。紙の買い物は自分を振り返る良い機会
DSC03223.jpg

デパートの一角の、狭い文房具屋に、それなりに和紙が打っているという情報を聞きつけ行って来た。

広い店じゃないのに、1時間以上も物色。

紙を全部触って厚さとか手触りとか見て、あと糊とか見てた。
保育園時代に使っていた黄色い容器の白いノリが売ってて「使い心地忘れたけど結構いいかもしれない」と思った。
買ってないけど。

まあ、当然狭い店内を物色するのに1時間も使うはずがない。

ましてや女嫌い仮ピー氏の天敵である女店員の視線を受けながらよ?
売り物の紙をじろじろ眺めてしきりに紙の厚さや質感、大きさを見比べている。

なにがそんなに時間がかかったかというと、わざわざ買うにしては90cm角クラフト紙に慣れていたせいか、大きさがすごく物足りない……。

値段は一枚120円、モノによっては300円とか500円とか。
高いものは高いものなだけあってそれなりに良い品だった。
買ってないけど。


店内を物色しながら俺は考えていたわけね。

この大きさの紙で折るとしたときに、自分の作品だったら何が折れるのか?

そしてその作品には120円の価値があるのか?

(一番くじや遊戯王にどばどば金落とすくせになぜ120円をケチってんの?この人あたまおかしい)


まず、自分の作品のレパートリーの貧相さを思い知らされ、続いて自分の実力ががどれだけ紙の大きさ頼りのものだったかを思い知らされてしまったわけだ。

残念!俺の作品に120円の価値はない!!

さらば!!



女店員A(一時間も物色して何も買わずに帰りやがった)
女店員B(キメェキメェ……。ツイッタ-にさらしてやる)
※仮ピー氏の妄想です


俺「すいません……、これとこれとこれ、一枚ずつ……」

女店員「まいどー」

DSC03222.jpg

使う予定のない紙に360円も払ってしまった……。
こうして使わずに自宅においているだけで折り目がついたり日焼けしたり湿気ったりしていざ使う頃には紙の質が下がってモチベーションなくしちゃうんだー。
あーやだやだ。
何が嫌って自分が嫌。



一応ね、これでドラゴン折ろうと思ったけどね。
紙が柔らかすぎて自立しないところが面白くない。
いつもは折りたいものがあってから、「じゃあ、こんな紙が必要だな」って言って買い物に行くのだけど。

やっぱクラフト紙って紙だな。神だな。
紙は大きいのが手に入りやすい方がいい。
原付ででかい紙運ぶとたいてい帰宅するころには折り目ついたり湿気ったりしてるけどな。
店を探すところから始まり、そのへんやっぱ良い紙を用意しようとすると難しい。

でも、用意できる紙が限られた環境で自分に何ができるかを考えることは大事だなって思った。
すぐに自分の境遇を言い訳するのはよくない。


一度角度系作品に使った15センチのホイル紙を広げて伸ばして、

セロハンテープで4枚張り合わせて30センチのホイル紙を作って、

ギトギトの蛇腹作品折ってたあのころの仮ピー氏はどこに行ってしまったんだ!!

以外にやってた人がいるとは思えない……。今思うとかわいいもんだな、中学時代の俺


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ