花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【創作折り紙】「ワニの沼地」試作品、試作過程。
DSC03268.jpg

ワニも沼にハマると溺れる、みたいな作品。
最初は「ワニのクロール」とかいう茶目っ気のある作品だったが見れば見るほど気味が悪かったのでやめた。

なんかもうね、まだワニ折ってたのかよって思うだけでね、笑える

DSC03261.jpg

ウロコつきのワニを折った時にどうせ横方向に紙が余るから水面か何かにしようかと思って折ってみた。

DSC03262.jpg

顔にも鱗を付けて、今までのワニの等身にそのまま鱗を付けたとすると、75等分がいいかもしれないという計算結果だった。
ウロコを付けたときにどうなるかわからんけど、一応体長を伸ばすことも視野に入れて(あと等分のしやすさも考えて)80等分でスタート。
今回使用した紙は珍しくクラフト紙ではなくハトロン紙。
ワニはとくに見せたいヒダがある作品ではないので、クラフト紙に拘らないその選択は正しい。

DSC03263.jpg

ウロコの波は尾に向かって段折りの連続。
このまま加工は必要ないかなって思う。
じっさい、手持無沙汰で加工してギザギザにしてみたら失敗だったなって思ったもん。

でも縦方向に体長の二倍の紙を消費した挙句加工せず、しかも横方向に余った紙は水面に充てるというんだったら正直ウロコは必要ないよね。
どうせ頭部も尾も内部から全部出せるんだし。

なんかもう折ってる途中で「なんで俺、こんなクソみたいな作品に時間かけなきゃなんねーんだっけ?」ってめっちゃばかばかしく感じたもんだ。

DSC03264.jpg

一度折ったウロコのヒダは向きを変えて幅を変換する。
このあたりの技術は、神谷さんの「龍神」のウロコを折ったのがいい経験になったのだと思う。

DSC03267.jpg

手足を内部から折りだして完成。
なんだかんだ言って最後まで折ってみると、これはこれで結構かわいい。

DSC03266.jpg

とはいえみればみるほどウロコ省いて、ワニの部分を完全内部カドにした方が作品として面白いだろう。

DSC03265.jpg

ただ、鱗がある利点は一つだけあって、ごちゃごちゃギザギザしたワニの部分とその他の水面の部分の対比には役立つかな。
エリックジョワゼルさんの「誕生」みたいな仕上げ方をしたときに映えることは間違いない。

途中まで水面は全部ミウラ折りで埋め尽くしちゃおうと考えていたのは秘密だよ?

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
黒子さん、コメントありがとうございます。
作品を見て驚いていただけると、創作の励みになります。

本ブログはリンクに追加していただいて大丈夫です。
こちらも黒子さんのブログをリンクに追加させていただきました。
2014/06/08(日) 15:06:38 | URL | 仮ピー #- [ 編集 ]
はじめまして!
仮ピーさんの作品にはいつも驚かされます。
こういった作品、結構少ないんじゃないでしょうか

ところで仮ピーさんのブログをリンクに追加してもよろしいでしょうか?
2014/06/08(日) 01:04:47 | URL | 黒子 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.