花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
【デッキ考察】「やりくりダークネスラヴァル」か~ら~の~ww「真面目なクリバンラヴァル」
真炎の爆発

仮ピー氏の「最近のラヴァル」です。


4月、環境が変わり、アーティパーツが流行していた頃。

俺がカードショップで使っていたのは「やりくりターボラヴァル」!!
ゴブリンのやりくり上手
ふつーのラヴァルデッキにゴブリンのやりくり上手を採用し、伝道場・爆発・大嵐などのパワーカードを引き込む。

封印の黄金櫃が制限カードになってしまったので、スピードを補うためのアイディアだ。

・なぜ「無謀な欲張り」じゃないのか
無謀な欲張り
「無謀な欲張り」はチェーンバーンなどのほかにも聖刻竜などの「少ないパーツでワンキルするデッキ」にも採用されることがある。
たいていは「カードカーD」「強欲な謙虚な壺」をガン積みしたうえでさらにスピードを上げるためのカードだ。
ラヴァルは伝道・爆発・大嵐で勝負がおおむね決まるデッキなので、「無謀な欲張り」と相性が良いと思われるかもしれない。
実際、CSでも環境は違えど「無謀な欲張り」を三積みして入賞したラヴァルも見覚えがある。

しかし実際の使用感といえば、
「伝道爆発を引き込みたいのに、ドローするのは女子ばかり!!」
なんていうのがほとんど。

何が困るって、伝導・爆発の威力も落ちたうえ手札に抱えた女子を処理するカードがないため、一ターンに一度の召喚権を使って割られるのを待つしかない。
そういう状況になると、「欲張り」のドロースキップがボディにじわじわと効いてくるんだよ!
それがラヴァルの「無謀な欲張りが」弱いところ!

・なぜ「エアサーキュレーター」ではないのか
エアサーキュレーター
「無謀な欲張り」と違い、ドローしたのち手札のいらない侍女淑女砲兵をデッキに返せる素敵なカード。
しかも「カードカー・D」とは違い召喚時に効果を発動できるため、ドローした魔法カードをすぐに使うこともできる。
「エアサーキュレーター」自身の戦闘破壊で失うアドバンテージもドローによって取り戻せるのも素晴らしい。
魔導・征竜環境では結構お世話になった。
しかしラヴァルを使用していて感じる事が多いだろう、
「意外な召喚権のシビアさ」、「意外なライフ消耗の激しさ」。


ラヴァルは「真炎の爆発」を使った大量召喚・大胆な連続シンクロが持ち味で印象的なため見落としがちかもしれないが、そもそも伝道・爆発を用意するために「カードカーD」に召喚権を割き、がら空きの場で相手ターンに回す場合が多い。

つまり「カードカーD」と「エアサーキュレーター」を同時に引いたときに片方が弱い。
ゴーズ・フェーダー・かかしを採用しているならば場に攻撃力0のサーキュレーターを置いておくとごっそりライフがなくなり、ゴーズを引いたときにはゴーズが出せなくなっている、なんてことも。
クリブレの的になったりもするしね。



そこで俺は思いついたわけ。


「無謀な欲張り」と「エアサーキュレーター」の良いとこどりをしたような素晴らしいカード!!

それが!!!!


ゴブリンのやりくり上手
召喚権を使わず、勢い余ってドローした侍女淑女をデッキに戻せる。
「無謀な欲張り」とは異なりデメリットもない。

一発目はアド損なんですが……。

でも俺は考えたわけよ。

「ゴーズ」「フェーダー」というハンド誘発で守りを固め、場においた罠はすべてブラフ(時々強脱を混ぜる)。
「やりくり上手」「闇の誘惑」「七星の宝刀」を採用した「スーパードローラヴァル」をな!!





まあ、これは弱かったんですけど。




でももう一度考えてほしい。



ここに、先日来日した「クリバンデッド」とかいうカードがある……。

クリバンデッド
闇属性なので「闇の誘惑」に対応する……。
墓地に送られた「やりくり上手」「ブレイクスルー」がいい感じに仕事をする……。

まてよまてよ……。
「クリバンデッド」で「クリバンデッド」や「ゴーズ」が墓地に落ちたら……。

「ダークアームドドラゴン」のお出ましや……。
ダークアームドドラゴン
このカードもまた「闇の誘惑」に対応し、「ゴーズ」や「カイエントークン」とともに「七星の宝刀」に対応。
「クリバンデッド」で墓地に送られたら「ブラスター」のコストに……。

なんだよこれ……。


完璧じゃねぇか……。


※「クリバンデッド」頼りなので結局弱いです



まあ、冗談はさておき、最近はクリバンデッド入りラヴァルをいろいろ考えているわけですが。
「カードカーD」と「クリバンデッド」の枚数調整が難しいですね。

あとシャドールやテラナイトを見たときに、罠を打たせたりアドをとったり、クリバンで落ちても良いとなかなかいい仕事をしてくれる「ヘルドッグ」はラヴァルにとって今なかなかなか旬のカードですね。
そして「クリバンデッド」を使うなら、今とってもお高いカードだけど「ブレイクスルー」3枚は大前提。
とっても悲しいことだけど。


「クリバンデッド」で落ちても強い「虹クリボー」もかなり良い仕事をします。


あとは俺のおすすめカードとしては、「スキルサクセサー」かな。
スキルサクセサー
「クリバンデッド」で落ちた後は「ヘルドッグ」を27打点にしたり、ワンキルの底上げをしてくれるので、まれに「ブレイクスルー」にできない仕事をしてくれることもあるので試してみる価値はあるんじゃないかなって。
普通にセットして使っても、コンバットトリックとしても優秀だしね。クリブレを返り討ちにしたりとか!

特に「スキルサクセサー」で32打点二回攻撃貫通になった「ツインスレイヤー」の凶暴性には目を見張るものがある。
ラヴァルツインスレイヤー

「ソウルチャージ」も強いんだけどね。
攻撃できないのに立てて強いシンクロモンスターがあんまりいないのにシャドールフュージョンの餌食になるが……。
一応、伝道場とソウルチャージの二枚から、「トリシューラ」出した後「牙王」!なんてできるけどね。


なんか最近、デッキの調整が面倒で公認大会ではネタデッキばっか使ってるわ
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.