花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
【開封】「決闘王の記憶」を開封。主に「超電磁タートル」を売却するため
DSC03078.jpg

思った以上に品薄で、「予約しておけばよかった」と多くのデュエリストを後悔のどん底に突き落とした商品。


仮ピー氏はね、未開封でとっておこうと思ったんだけどね!


「超電磁タートル」が思った以上に金になるからね!


開けるしかないね!仕方ないね!


DSC03079.jpg
箱の中に箱。

箱の中の金の箱の中に、カードとスリーブがセットになって入っています。

DSC03080.jpg

この金の箱は、遊戯の千年パズルが入っていた箱をイメージして作られたカードストレージ。
原作「遊☆戯☆王」でも、遊戯がデッキケースとして使っている姿が描かれているよ!

DSC03081.jpg
中はこんなかんじ。



DSC03082.jpg
遊戯の特製スリーブと、遊戯の「決闘者の王国編」のデッキをイメージしたデッキが入っている。


DSC03083.jpg
実はこの解説書もけっこうおもしろい。

俺は「Vol.」時代から遊戯王をやっている世代なので、この解説書で涙が出そうになった。

「青眼やデーモンの召喚を持っている少年は、当時少年たちの憧れの的であった」
「デビルフランケン・究極竜・巨大化コンボは、コンボ成功して喜んだ思い出や、コンボを決められて唖然とした思い出を多くの少年に与えた」
「ダークネクロフィアなどの墓地を利用して特殊召喚するカード群は墓地の概念を大きく変えた」
「開闢・終焉ばかりが目立つ時代であったが、優良カードも多く登場している」


などなど、この15年、いろんなことがあったなぁ、と感極まって俺泣きそうになったよ!?


DSC03088.jpg
デッキには、コレクター向けのカードが多く封入されている。

新テキストの初期絵柄ブラックマジシャンは誰もが望んだカード。
また、この絵柄のブラックマジシャンガールも、ストラクチャーの店舗限定カードでしか新テキストのカードは手に入らないカードだったため、嬉しいサービスだ。


DSC03087.jpg
コレクションカードだけではなく、実用性の高いカードも多く封入されている。

特に開闢の使者の新テキストは非常に美しい。

この商品の不満点を挙げるとすれば、ミラフォ・死者蘇生がノーマルだったことだ。


特に死者蘇生は初期からさまざまなデュエリストが使用した、ある意味「遊戯王を代表するカード」と言っても過言ではないカードだ。

それをこの15周年記念の商品でノーマルの再録……。


ちょっとこれには承服しかねる。



ミラフォも同じく。

聖なるバリアミラーフォースといえば、ペガサスの無敵のトゥーン軍団を打ち破ったカードですよ?

長らく遊戯王を支えてきた罠カードの代表格をノーマル再録……。


信じられないっす。


護封剣をウルトラレアにするくらいならなおさら。



ただ、この死者蘇生もミラフォも、品番が「15AY」となっているので、これはかっこいい。

「青眼龍降臨」と同じテキストのカードと言えど、特に大事にするべきだと思う。

DSC03086.jpg
禁止カードも堂々再録。

再録を機にブレコンもしかして返ってくる!?って思って回収に走るのはちょっと打算的かも。
これは多分帰ってきません。


DSC03085.jpg
このスリーブがねー。


何を血迷ったか55枚封入なんだよねー。

バカにしてるよねー、完全に。2つ買えってか

あと15枚がんばれなかったのかよ……。

中古で手に入る当てがなければ未開封で保存しておこう。



DSC03084.jpg
そしてこちらが開封するきっかけになった「超電磁タートル」等の付録カード。

超電磁タートルは、この商品の品薄、そしてこのカードを採用する新テーマ「シャドール」の台頭によってとんでもない値段で取引されている。

この商品が再販することは多分ない……。
もう9期テキストに変更されてしまっているからだ……。


確かに超電磁タートルは入手困難なカードだが、シャドールの勢いが収まれば確実に今売った値段以下で買い戻すことができるはず。

売るなら今!


俺はお宝買取団に走る!!


3000円くらいになればいいんじゃないでしょうか
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ