花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
【写真】祖父母宅の倉庫から出てきた古い人形の価値はいかに
DSC02812.jpg

全然知識のない素人からすると、あんまり価値がありそうな品には見えない。
そこまで古いという印象もないし。

DSC02813.jpg

ところがどっこい、この人形の写真を市の教育委員会のなんか詳しい人に見せたところ、わざわざこちらに出向いて人形を調べたいという話に発展。

わけがわからないよ。

DSC02814.jpg

で、市の職員がやってきた時間帯、彼らを呼んだ張本人の父、人形の持ち主である祖父母は不在。

仕方なく実家で寄生虫ニートを営む仮ピー氏が人形の査定に立ち会うことに。

DSC02816.jpg

仮ピー氏の住む地域の屋根裏から出てくる人形というのは、たいてい垂水人形・帖佐人形らしくて、今回見つかったものもそのどちらかだろうということ。

表情の描き方、人形のどだいがあるかどうか、工程の後処理の仕方によって見分けることができて、これは簡単に帖佐人形ということがわかった。

歴史の長い人形だが、昭和初期に一度途絶えて、その後復活したといわれている土人形が帖佐人形。
この品は復活後の作品のようだ。
おそらく5、60年前の品物。

これほど状態のよい物はなかなかないので、大事にしてください、といって市の職員たちは写真を撮りまくった後に去った。



屋根裏からお宝が見つかったときたら、俺ってば金のことしか考えていなかった。
高く売れる品なのかどうか、ってね。

実際は人形の美しさやそれにまつわる歴史に目を向けるべきだったろうに仮ピー氏と来たらぶれないなー。


まあでもそんなもんじゃねえのか、今の若者って。

芸術品を見せても「高く売れるよい品なのか」ってことばっかりに目がいって、結局その返答がそのままその人にとっての作品の価値になる。

値札しか見てねえんだよ。

学がないから作品の良さなんて全然わからない。


はいはい俺のことだよ。

↑なんでそんなにすさんでるの?
「これはよい品だ、10万でどうだろう?」みたいな展開を期待してたんだろうね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/12(水) 22:57:07 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.