花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
【写真】花岡に帰省(2014/03/05)
hDSC02794.jpg

本州の某国立大学に通っている仮ピー氏は、帰省の際には鹿児島への直行便を行き来ともに利用しているが、この時期は直行便がでていない。

仕方なく博多を経由して帰ることに。

あ、もちろんお安い高速バスですよ?





新幹線か高速バスかっていったら、もちろん安い方を選びますよ。

つか新幹線ってなんだよクソ高えんだよ。
学割が特急券に効かないから結局入場券数百円割り引かれただけって何だよ使えねーなー、学割。
てかまじ新幹線まじ高いんだけどありえなくね?
飛行機よりも高いのが納得いかんなぁ。超快適で乗車も楽ちん。お高く留まりやがってちくしょうめ。
あんなの学生の乗り物じゃねえぞ。




さてさて、中継地点としてとはいえ、福岡に来るのは約一年ぶり。

まあ、一年前来たのもやはり中継地点としてだったんだけど。




福岡の町というのはすごいね。大学周りも結構田舎なもんだから、福岡の都会っぷりには結構驚かされる。

hDSC02794.jpg

子供の頃夢見た21世紀の町並み、「車が超高速で空中のチューブの中を移動する」というのにかなり近いんじゃないかな、この高速道。


今回の帰省の予定の中で一番の欠陥がじつはこの福岡発のバスに乗った時間。

大学から深夜便に乗って、福岡に到着したのが朝7時(予定通り)。

そして朝飯を食う時間、バスの到着時刻が遅れた場合などを考えて、俺は福岡~鹿児島のバスを9時に予約していた。

せっかく福岡の、しかも博多バスターミナルを経由するなら、すこしカードショップ巡りやゲーマーズ、ナムコランドに寄って買い物をする時間があってもよかった。

わざわざ直通バスより高いお金を払って博多に寄っているんだから、博多ででしかできないことをしないともったいない。

反省。

帰りは買い物して帰ろう。
来月上旬にアイマスオフィシャルショップが開店するから、なんとか帰省のタイミングを合わせたいところだ。



と、まあそういうセコセコケチケチとした反省会を終えると、あっという間に鹿児島。

hDSC02797.jpg

この日はすごく晴れていて、桜島がきれいだった。

フェリーでバス乗り場から花岡へ帰還するけど、フェリーに乗っていていつもおもしろいなぁと思うのが、桜島の表情。

hDSC02795.jpg

hDSC02796.jpg


桜島は成層火山だけど、その形は円錐とは大きく違っている。

みる角度によって、どっしりした横長の桜島に見えたり、すらっとしてとがった桜島に見えたりと、フェリーに乗って移動するほんの少しの時間を楽しませてくれる。

ちなみにアニメ「中二病でも恋がしたい!れん」で主人公たちが修学旅行に訪れているのは鹿児島県。
結構知ってる場所がいっぱい写ってて嬉しかったけど、実際修学旅行で鹿児島に訪れた都会の連中は何をして楽しむのだろうか、と思うとちょっと不思議だった。
鹿児島は飯がやすくてうまいし、景観もいいし温泉もいっぱいあるし、旅行向きの県ではあるんだけど、高校生が思い出作りにやってくる県というイメージはあんまりないんだが……。
どちらかというと慰安旅行とかそういう。


都会の子供たち道ばたに積み上がってる克灰袋を見てドン引きしそう。

hDSC02798.jpg

高速バスの長旅を終え、花岡到着間際のフェリーの甲板で過ごすひとときは疲れをリフレッシュさせてくれる。

気がつけば鹿児島は春。

ここはもう半袖でも平気。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.