花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
【映画】アイマス5週目(5回目)に行って来た。
DSC02778.jpg

1~4回目の鑑賞では、映画館の後ろの席で映画を見ていたので、今回はかなり前の方の席に座りました。



まず、今まで後ろの席で(スクリーンから離れて)見ていたのは、この映画はスクリーン全体を意識してみたいところが多かったからです。

この映画ではスクリーンの中央で誰かと誰かがしゃべっている間、その後ろで誰かと誰かが何かしらの接触を取っている、という細やかな演出が多いような気がします。

そういう意味では、5回目の鑑賞でもまだまだ新たな発見があるのかもしれません。


しかし今回は前の席を選ぶことによって、臨場感を経験しておこうと思い、前の席を選びました。


平日朝一番ということで人は少なかったです。

週替わり初日の22日は自動車学校の卒業検定、週替わり2日目の23日は酒都杯ということで、映画を見に行くことができませんでしたが、3日目にして行くことを決心しました。

特典の心配はあまりしていませんでしたね。

だって今回の特典、
1週目:クリアファイルと複製原画
2週目:0話のオリジナル漫画
3週目:フィルム
4週目:ミニ色紙
に比べて、ちょっと見劣りする。

4週目でもう入場特典の定番と呼ばれるものは出し尽くした感じがあったもんなぁ。


5週目の特典は、エンドロールのイラストピンナップ(全4種類)。

DSC02778.jpg
特製封筒の中に、4~5枚封入されている。


俺が引いたものは、

DSC02777.jpg

Aセットの5枚入りのやつだな。



Aセット
tokuten05_img1_b.jpg
仮ピー氏の当てたピンナップセット。
ホワイトボードはじっくり見ると面白い。Pが事務所にいっぱい手紙を書いていたことがわかるし、P帰還を待ちわびて、その日までカウントダウンをしていた様子も分かる。
何より、アニメ23話のような状態ではなく、売れっ子になった今も事務所にアイドルたちがみんな今まで通り入り浸っていることも分かる。
みんなでいられる場所がどんなに大切か、みんながわかっている証拠だ。





Bセット
tokuten05_img2_b.jpg
ライブシーンをまとめた品。
仮ピー氏が引き当てたフィルムは画像の左下のもの。
フィルムと一緒のピンナップがあれば、それはそれで大当たりというもの。
アイドルたち&ダンサー組の、アリーナライブを心から楽しんでいる様子がひしひしと伝わってくる。
伊織と志保の2ショットが最高と言わざるを得ない。



Cセット
tokuten05_img3_b.jpg
後日談カットセットその1。
公式が「このカットは人気が高かろう」と判断したためか、封入枚数は他より少なくて4枚。
・相変わらず売れっ子な竜宮小町
・P去った後の律子の仕事の様子
・(たぶん)母親あてに手紙を書く千早
・ハリウッドでPと再開する美希。
まあ、これが一番の当たりだったかもしれないね。




Dセット
tokuten05_img4_b.jpg
アリーナライブの集合写真と、アリーナを終えた加奈がオーディションを受ける様子、そしてCセットに入りきらなかった後日談的カットが2枚。
仮ピー氏は眼鏡貴音&雪歩のカットがめちゃくそ欲しかったらしいよ。




まあ、どれが当たりでどれが外れということもないんだけどね。
どれが出ても喜んでたろうな。

てかまじ6週目の特典なんになるの?

最後だから超豪華なんじゃないかなー。





そして「興収○○突破記念」「来場者○○人突破記念」とか称してどんどん特典増えていくんだろうな―。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ