花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
【カード考察】○○ネブラディスクを得たのがたまたま先史遺産だっただけ。……うぬぼれるなよ
先史遺産ネブラディスク

かつてはアニメファンとオーパーツマニア(俺もオーパーツ大好き)を喜ばせるマイナーテーマだった先史遺産デッキ。

しかし現在はエアーマン効果+自己再生もちの主力カード、フリーチェーンの専用エクシーズ(あとゴルゴニックも)を得てからというもの、環境に顔を出す強力デッキへと姿を変えた。


そんなオーパーツが俺は嫌い。



何が嫌いって、ネブラディスクが嫌い。

先史遺産ネブラディスク
このカードが召喚に成功した時、デッキから「先史遺産ネブラ・ディスク」以外の「オーパーツ」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。また、このカードが墓地に存在し、自分フィールド上に存在するモンスターが「先史遺産」と名のついたモンスターのみの場合に発動できる。このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚できる。この効果を発動するターン、自分は「オーパーツ」と名のついたカードの効果しか発動できない。「先史遺産ネブラ・ディスク」の効果は1ターンに1度しか発動できない。


まあ、強いよね、見ればわかる。

でも俺はこのカードが強いから嫌いなんじゃないんだ。



まず嫌いな理由のひとつが、あまりにも過去の失敗を無視したデザインであること。


分かりやすく言うと、このカードがクリスタルスカルがカードプールにあるのをわかって作られたって、よくよく考えると信じられないよね?

先史遺産クリスタルスカル

エアーマンの反省を何もしていない。


あれか?


環境が変われば許されると思ったか?
18打点の後続サーチが許されると思ったか?


その上自己再生もちでエクシーズ先に制限なし。

効果発動の制限をつけてお茶を濁した感じが本当に嫌い







まあ、それは100歩譲ってゆるそうじゃないか。




でも俺がどうしても気に入らないのは、ネブラディスクを手にしたテーマの強さが借り物になっているように見えてしまうこと!



ネブラディスクは強い!


それはネブラディスクでサーチできるカードが強いからでも、自己再生したネブラディスクをうまく利用できるカードがあるからでも確かにあるんだけど、


先史遺産ネブラディスク


でもそれはどのテーマにも言えることであって。



例えばネブラディスクに書いてある「先史遺産」の部分を好きなテーマに変えてみればいいよ。

大概のデッキが強くなるから!



(例)
「魔轟神ネブラディスク」
グリムロサーチで墓地肥しと安定性アップ。
展開、ドローに魔轟神以外のカードを使わなければ自己再生も連続シンクロの大きな支えに。

「トゥーン・ネブラディスク」
トゥーンのもくじで相互サーチが可能。
トゥーンブラックマジシャンガールなどのリリース要因としてファンデッキのお供に。

「コアキメイル・ネブラディスク」
金剛核がなかったとしても強い。
自己再生後、維持コストが払えないコアキメイルをエクシーズ素材として利用する足がかりにできる

「ヴァイロン・ネブラディスク」
つええ。なにこれ欲しい。
どうせチューナーもシンクロ先もヴァイロンなんだったら、シンクロ素材に最適。

「遺炎星・ネブラディスク」
天機規制を食らった今こいつがいれば強い味方。
炎星エクシーズ強いし、考えたくない

「武神ーネブラディスク」
ハバキリからヤマトまで、召喚時になんでもサーチ。
ヤマトなどで墓地落として自己再生、専用エクシーズとか、そりゃあ強い強い。



例を出せばきりがないが、これでよくわかると思うけど。


ネブラディスクはどんなテーマに登場したとしてもそのテーマを強くしてしまう。



ネブラディスクを得たのが偶然、先史遺産だったというだけのこと。


うぬぼれるなよ……。



先史遺産が強いんじゃねえ、ネブラディスクを与えるという大きなハンデくれてやっただけだ……。





みろよ……



「剣闘獣ネブラディスク」
剣闘獣モンスター後続、戦車サーチが可能。
自己再生して融合素材になってガイザレス爆発!



こいつの強さよ……!!!!


本音:剣闘獣にネブラディスクほしい。できればアイタブレットも……。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.