花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
202002<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202004
【デッキ考察】仮ピーのフリー用デッキ「二つの頭を持つ闇の支配者デッキ」!!!!!
DSC02557.jpg

先に言わせてもらいますけど、このデッキ、かなり自信作です。


まあ、ひとまずデッキを見てみましょう。


デッキ名:「二つの頭を持つ闇の支配者デッキ」

DSC02555.jpg
DSC02556.jpg

さあ、何をするデッキかわかりますか?

キーカードはコレ!!
DSC02557.jpg
「ブラックデーモンズドラゴン」
「ブラックメテオドラゴン」
「双頭の雷龍」

このデッキの切り札ですね。
「プリズマー」や「竜の鏡」、「沼地の魔神王」を駆使してこれらの融合モンスターを召喚し、高い攻撃力で場を制圧します!
この画像の「メテオブラックドラゴン」と「ブラックデーモンズドラゴン」は、知る人ぞ知るバンダイ版のカードです。
プロキシとしてこれらのカードをエクストラデッキから取り出すと、盛り上がること請け合いです!


「メテオブラックドラゴン」「ブラックデーモンズドラゴン」は、いずれも3000オーバーという非常に高い攻撃力を誇るドラゴン族融合モンスターです。
墓地に行けば通常モンスター扱いなので、「銀龍の轟咆」「ダイガスタエメラル」で蘇生可能です。

「メテオブラックドラゴン」の技名は、メテオダイブ!!
全身を炎で包み込み、急降下して体当たりで攻撃します。
コイツなら青眼三体連結だろうがなんだろうがコナゴナにできます。

「ブラックデーモンズドラゴン」の技名は、メテオフレア!!
ゲートガーディアンだろうがなんだろうが吹っ飛ばします。
遊戯と城之内のカードを融合素材にして出す友情のカードです。



このデッキでは攻撃力で相手を圧殺するデッキなので、戦闘破壊に耐性のあるカードを出されると厳しいです。
(「マシュマロン」など)
そこでこのカードを使います。

DSC02559.jpg

 ま き う

「ブラックデーモンズドラゴン」の融合素材として投入されている「デーモンの召喚」の専用カードとしてだけでなく、「双頭の雷龍」もこのカードの発動条件にできます。
これなら相手がグレート・モスを出してきても大丈夫です!

魔 降 雷 !!





このデッキでは、モンスターの展開に「融合」「龍の鏡」といった魔法カードを必要とします。
もし魔法カードの発動を制限するカードを相手が使ってきたら?

そんなときはこいつを出しましょう。

DSC02558.jpg
「真紅眼の闇龍」

召喚条件に最上級モンスターを要求し、場に出したらバニラ同然。
レベルも中途半端に高いせいでエクシーズ、シンクロ素材としても役に立たないどうしようもないカード。

しかしイラストだけはかっこいい!!


ダークネスメガフレア!!!




そして、もう一つの切り札がこいつ!!
DSC02560.jpg
「メタル化ー魔法反射装甲ー」

「へっ!レッドアイズなんてリボルバードラゴンの敵じゃねえ!
行け!リボルバードラゴン!
ガンショットキャノン!!


とか言って相手がレッドアイズに攻撃してきたときは使ってやりましょう。

「何!?メタル化だと!?」

「レッドアイズ・メタル・ドラゴンの反撃!!!
ダーク・メガ・フレア!!!


もともとはレッドアイズに変身したプリズマーを生贄にして、レッドアイズメタルドラゴンを出すためにつくったデッキだったんだけど、手札に来たらどうしようもない弱点を抱えながら、メタル化を装備したプリズマーの方が強いという本当にどうしようもない、イラストだけは最高にかっこいいだけのカードだったので、彼は俺の宝物ファイルの中に燦然と輝いています。
DSC02561.jpg


このデッキ、まさに原作・アニメファンにはたまらないでしょう!?

使っていて最高に楽しいデッキです。


デッキ名の、「二つの頭を持つ闇の支配者」の意味が分かる人は本当の遊戯王通だと思います!!!


ー解説ー
「二つの頭を持つ闇の支配者」とは、「ブラックデーモンズドラゴン」「ブラックメテオドラゴン」の、2種類の融合モンスターの融合素材である「真紅眼の黒竜」をイメージしています。
さらにそれだけではなく、このデッキは「双頭の雷龍」を出して戦うデッキでもあるので、そのイラスト違いカードの「二つの口を持つ闇の支配者」とかかっています!!



漫画「遊☆戯☆王」で俺が最も好きなデュエルは、コミックス第14巻に収録された、「城之内vsキース」!!
DSC02360.jpg

魔法攻撃の効かないキースの機械族モンスターに苦戦する城之内。
キースの「振り子刃の拷問機械」「TM1ランチャースパイダー」に攻められ、試合開始序盤から窮地に追い詰められる城之内。
キースの「メタル化」のカードによって進化した「メタルデビルゾア」の攻撃によって城之内の敗北かと思われたがしかし、城之内の罠カード「落とし穴」によって窮地を脱出。
城之内の攻めのカードは「ガルーザス」!
「コイツの攻撃は物理攻撃だ!!いっけー!!」
「ガルーザス」の攻撃で「拷問機械」を破壊!
キースの反撃、「ランチャースパイダー」の攻撃で「ガルーザス」を破壊したかと思われたが、城之内の罠カード「鎖付きブーメラン」!!
「ガルーザス」の攻撃!
「ランチャースパイダー」を破壊し、形勢は逆転!!
しかしキースも強力モンスター「リボルバードラゴン」を召喚!
「ガンショット・キャノン!!」
その効果で「ガルーザス」もろとも城之内の場を全滅!!
「リボルバードラゴン」を倒すことができず防戦一方の城之内。
しかし起死回生のカード「時の魔術師」を引き当てる!
その効果によって「ベビードラゴン」を「千年竜」に進化させ、「リボルバードラゴン」を弱体化させることに成功!
すかさず「千年竜」の攻撃!
「サウザンド・ノーズブレス!!」
「リボルバードラゴン」を倒した!!
……かに思われていたが、キースの罠カードが発動している!!
「時の機械ータイムマシンー」の効果によって、弱体化する前の「リボルバードラゴン」が場によみがえり、「千年竜」は「リボルバードラゴン」に倒されてしまう。
万事休すか、と思われたが城之内は諦めなかった!
城之内は「真紅眼の黒竜」を召喚。
「リボルバードラゴン」の敵じゃないぜ!
キースはすかさず「リボルバードラゴン」で攻撃!
しかし城之内の伏せカード、「ものマネ幻想師」が発動!!
キースの墓地の「メタル化」を発動させ、「真紅眼の黒竜」をメタル化し、「レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン」を召喚!!
「リボルバードラゴン」を戦闘破壊した!
しかしキースは場の「スロットマシーンAM7」の守備力を「7カード」で強化し、攻撃を耐えしのいだ。
城之内のカードに「スロットマシーン」を倒せるカードはない。
次のキースのターン、キースはさらなる「7カード」によって、守備表示のまま「スロットマシーン」の攻撃力を着々と強化していき、さらに攻撃力2900の「スフィアボムー球体時限爆弾ー」を召喚!!
「スフィアボム」を「レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン」に装着し、起爆させた!
しかし城之内の強化カード「闇竜族の爪」によって、「スフィアボム」を返り討ちに。
次のターン、キースは三枚目の「7カード」によって「スロットマシーン」を強化し、ついに互いの場のモンスターの攻撃力が並んだ!!
にらみ合う「レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン」と、「スロットマシーンAM7」!
そして次にキースの発動させたカードは「バンデッド」!
このカードは相手の手札を確認し、一枚奪って使うことができるカードだ!
このカードの効果によって、城之内の手札の「右手に盾を左手に剣を」を発動!
「レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン」と、「スロットマシーン」の攻守は逆転。
守備力の高かった「スロットマシーン」が、「レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン」を攻撃する!!

「攻撃!!レッドアイズ撃破!!!!!オレの勝ちだ!!!」

「伏せカードオープン!」

スロットマシーンの攻撃を受け、爆炎の中から現れたのはなんと、「時の機械」!!!

「なに!?「墓荒らし」!?俺の墓地の「時の機械」を発動させただと!!」

「盗みの腕なんか勝ちてえとは思わねえけどな……」


「時の機械」の中から姿を現した「レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン」は、攻守逆転されていない!

「完全なるレッドアイズ・メタルが蘇るぜ!」
「レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン」の攻撃!!

「ダーク・メガ・フレア!!!!!!」

「スロットマシーン」を撃破!城之内の勝利!!


てなかんじで!!!

最高にかっこいいやろ?


「時の機械」の中から現れる「ブラックメタル」がめっちゃかっこいい。
互いに戦況が二転も三転もして、何度でも読み返してしまうまさに神試合


このデッキを使えば、原作ごっこができて本当に楽しい。
メテオブラックドラゴンを出す前の、
「いっけー!ぼくの……、ぼくのレッドアイズドラゴン!!!」
という口上(マジでこのネタ分かるやついんのか)をはじめとした、数々の名シーンを、実際のデュエルで再現できるぜ!!



さーて、ゴールドシリーズで「プリズマー」の日版と、ほかのデッキで使っていて全然数が足りない「禁じられた聖槍」を調達すればこのデッキも完成だな!!

ガチデッキもいいけど、たまにはみんなもいろんなフリー用ファンデッキを組んで遊んでみようぜ!


とか言いながらちゃっかりヴェーラーとか開闢入ってるし……。
まあ、フリー用ファンデッキとはいえ、勝てるように組まないと対戦相手にも失礼だからね……。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.