花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
帽子
折り紙の作品紹介です。
創作の過程もちょっとだけお見せします。

016_convert_20110804180846.jpg

遊戯王のスペルビアを作ろうと思って足を折っていたらスカートっぽく見えたので、何かに利用できないかと思ったのが事の発端。

017_convert_20110804181215.jpg

そしてこのスカートが俺が中学生の時から知っていったリボンのパーツにぴったりあいそうだったので試してみる。
この時点で手、足のデザインは勝手に決まってくる。


ここいらで一度、一枚で試し折り。

018_convert_20110804181426.jpg

48等分の蛇腹で十分そうだったのでそうした。
むしろ頭部で紙がもてあまされた感じ。
なんか色をつけるか。
髪型いじるだけじゃなんかなあ。

というわけで完成形。
帽子をかぶった魔法を使いそうな人。
不切正方形一枚折り。
019_convert_20110804181805.jpg

胸のリボンがでかすぎるか。まあいいや。

020_convert_20110804182017.jpg

折り紙の場合顔の輪郭がどうしても男性的になってしまうので、前髪を始め、髪型の造形で決して手を抜いてはいけない。

話が変わるようで変わらないが、アニメではピンクや黄色の現実ではあり得ないような色の髪の日本人が居る。
アレはアニメ絵だとキャラの判別がむずかしくなるからそうしているという、確固たる理由があります。
折り紙でもそんな感じです。
この作品もアニメっぽい表情だけど、特にモデルがあるわけではありません。
しかしモデルの「後付け」というのは絵でも彫刻でも、芸術作品ではよくある話(独断)。
適当にちりばめた絵の具の模様が何かに見えた、それでもう絵画の作品の一つとして成り立っているわけです。
というわけでこの人にもなんかモデルを募集します。

021_convert_20110804182326.jpg

帽子の様子。
少し折り紙に通暁している人は、この写真を見ただけでにらみ折りができるかもしれない。

022_convert_20110804182444.jpg

顔のアップ。
帽子と紙のつなぎ目は、開いたヒダをかぶせ折りでつくってあります。つばも同様。
帽子の頂点が紙の上の辺の中央になるわけで、左右の角はそのまま足に持ってきています。

従って、頭部は全て、完全に内部角になっています。

スカートの縁が下の辺。
なのに足は上の角(普通はそのまま下の角を使う)。
アドリブで出てきたアイディアだけど、結構珍しい構造かも知れない。
ホイル紙で折っているというのもあるけど、案外体幹がしっかりするのでまた試してみようかな。

この作品、完成形とは言ったけど、まだ靴を作り込んでみたい。
袖を短くしないとなんかバランスが悪い。足が小さく見える。

というわけで作品紹介でした。
この作品のリメイク版もそのうち作ってUPする予定。
(実はもう作ってあったりして……)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.