花岡パトリオット
故郷花岡を愛する学生、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
【創作メモ】「折り紙の騎士」調整。


DSC01146.jpg



俺は運命に支配されなどしない!!

俺の歩んだ道こそ、俺の運命となるのだ!!!
(by 海馬)





この記事で紹介した「折り紙の騎士」、コンベンションに持っていく候補として押入れからり出したらびっくり。



DSC01002.jpg
DSC01000.jpg



腕が長すぎてダメだったか―。


トルクが大きすぎたかー。



腕を支える紙の強度が時間とともに弱くなり、剣の重みでだらんと垂れてしまう、恐れていた事態に陥ってしまった。

半年くらい持つと思ったのに結構速かったなー。

DSC01145.jpg

ということで調整。


せっかく大学で物理を習っているので、どうしたら腕の負担が減るかを考えた。
(小学校理科で習う内容だけど)


DSC01142.jpg

やったことっつったら腕をちょっと短くしただけなんだけど。


DSC01144.jpg
DSC01141.jpg

あ、だいぶ良くなったね。



でも実は俺、
DSC01143.jpg
この角度が一番好き。



DSC01145.jpg


でもここで一つ疑問になったのが、

創りたい形を作るのが先か、創れる形を作るのが先か、ということ。


重力に負けるから創りたい形を妥協してしまうのは、創作としてどうなのか、と思った。
(今思えば別にどうでもいいことだなコレ。折れる者しか折らないよ)





実は創作終わった時、ていうか結構前から、この作品は右腕ばかり長すぎたなー、不自然であんまかっこよくないなーって思ってたから、それの改善もかねて結構気合入れていじりました。


調整後
DSC01146.jpg
調整前
DSC01000.jpg

やっぱあれだわー。

かっこいいものは後付けでも理にかなってるもんだわー。


まさに

俺が物理法則に従うのではない

俺を観測した時に導けるものが物理法則なのだ


みたいな。




これはちょっと違うか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ