花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【写真】仮ピーの誰得カードファイル
DSC01107.jpg


俺は基本的にカードに出すお金は渋るタイプで、トレードに使えるようなファイルは持ち合わせていません。



しかし使用するでもない、トレードするでもない、そんなコレクション用ファイルだけはあります。



そんな中から、仮ピーの宝物の一部を紹介します。


 
DSC01111.jpg


まずは青眼のページ。

18枚のポケットを埋め尽くすブルーアイズは各フォーマットを制覇。

しかしレアリティだけは難しいですね。


あと、長らく鹿児島という火山灰の国にあったせいで、状態もあまり良くありません。


とはいえスターターボックスの初期ブルーアイズのいくつかは、これはこれで状態なかなかのもの。

ストラクチャーのおかげで、俺が小学校のころからファイルに眠らせていただけで勝手に価値が上昇したカードです

青眼龍デッキを組む人が増えると、その中にはやはり玄人ぶって初期ブルーアイズを使いたがる人は多いみたいですね。


DSC01108.jpg
中でも面白いカードがコチラ。

世にも珍しい初期絵新規フォーマット青眼。

日本で発売されたアジア版ストラクチャー海馬編に収録されたウルトラレアで、
初期絵を使いたいけどテキストは新しいのがいい!という人にとってはなかなかの価値があるみたいですね。

状態もなかなかいいですよ!

DSC01109.jpg
ブラックマジシャンコレクションはこちら。
VOL1のブラックマジシャンの渋さは最高です。

かっこよすぎてよだれが出そう。


DSC01110.jpg

今仮ピーのファイルに足りないカードの一つが、第一期テキストのベビードラゴンです。

OCG初期の数少ないノーレアカードで、ストレージを漁ってもなかなか見つかりません。
俺は今後もカードショップをさまよい続けることでしょう。

DSC01112.jpg
DSC01116.jpg

プレミアムパックのカード、VOLのウルトラレアカードは数もあり、それなりに状態が良いものも残っているのですが、リミデッドエディションのシクレアはなかなかそうはいきません。

値段も張るのでコンプリートは至難の業です。


DSC01113.jpg

高校時代、親友のT君から譲ってもらったトビペンギンがこんなに。

それから俺がストレージで見つけたときによっしゃ!って思ったのが、一期テキストのクリボー。

遊戯王を代表するモンスターの一人としてやはりこれは手元に置いておくと嬉しいカードだ。


仮ピー的にこのページでお気に入りなのが、
DSC01115.jpg
このブラックデーモンズドラゴンのパラレルレア。

いい……。美しい……。

できればシークレットと二期アルティメットも欲しいところですね。


DSC01117.jpg

続いては魔法・罠のページ。

お気に入りは守備封じのスーパーレア。
このイラストの濃い色使いと、単純な効果にこそ初期っぽい荘厳な雰囲気があって大好きです。

同時期のスーパーレア魔法、火あぶりの刑がなかなか見つからないのが辛いところです。

DSC01118.jpg

パラレルレアの心変わりも美しい。

素晴らしいね。

DSC01119.jpg
そしてここは汎用性の高い旧テキストカード群。

サイクロンは魔法の支配者収録、奈落の落とし穴は蘇りし魂収録、月の書は王家の守護者収録のものをそれぞれ集めたが、これらを投入することで映えるデッキがなかなか見つからない。


汎用カードを旧テキストで埋めるのはいいんだが、その場合はそのほかのフォーマットもなるべく古いものにしたいところだ。

なので新しいテーマのデッキには不向きのカード群ともいえる。

レア度を大事にするか、フォーマット、テキストの統一性を重視するかは各自の好み次第だが、俺としてはやはり、初期フォーマットを使用するなら古いカードをたくさん使うデッキがいいな。

激流葬、強制転移などの二期以前のカードをふんだんに使ったデッキ……、何があるかな?


DSC01034.jpg

この、「フォーマットが先か、レアリティが先か」という問題は本当に難しい。

昔の俺はレアリティにけっこうこだわっていたんだけど、剣闘獣のテキストをバラバラで使うのはちょっと嫌だなって思って、統一することにした。

そしてどっちにするか、というのもまた悩みどころ。

レアリティが上がったもの、下がったもの、変わらないもの等様々だが、俺は今のところ新テキストで統一している。

しかし新たな問題として7期テキストの大嵐と奈落の落とし穴を集めるのがすごく大変。

どちらも千円越え余裕の高額カードであるため、デッキ内すべてのテキストを完全に統一するのはやはり難がある。

新カードが出た際に、このデッキは7期テキストで統一しているから、8期テキストのカードは使いたくないなという考え方すら生まれてくる。


遊戯王を長くやっていると、こうしたテキストの移り変わりには敏感になりたいんだけど、こだわりすぎるとあまりいいことはないのかもしれないね。

DSC01119.jpg
ここら辺のカードは剣闘獣に使うために集めたはずだったのに、なかなか気分が乗らないな。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.