花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
【創作折り紙】「超複雑折紙恐獣」折りあがり。シーソーキュゥウ!!
DSC00785.jpg
「超複雑折紙恐獣」……




読み方はもちろん!!!



スーパーコンプレックスオリガミティラノです!!

↑誰うま




1zoku1zoku4.jpg
このモンスターの効果は究極恐獣や暗黒恐獣、ジュラック軍団に比べて「恐竜っぽさ」がないのが小学生のころから不満でした。
でも最上級モンスターでは初めて召喚・ステータスにデメリットなしで青眼を超える攻撃力を持ったモンスターとして印象深い。

そして今でもこの攻撃力3300はデメリットなし最上級で最高の攻撃力になっています。


DSC00785.jpg
それはさておきこの「超複雑折紙恐獣」ですが、半年前の作品「アロサウルス」のリメイク版。
「アロサウルス」は創作した段階では「折紙恐獣」という作品名だった(読み方はオリガミティラノ)。



DSC00792.jpg


でかい(確信)。

このままだとアロサウルスが食べられそうなので二人は離れたところに置いておこう。


DSC00782.jpg

創作メモが使い物にならなかったから、折り直しには苦労するかと思ったけど、そんなことはなかった。

前作の口の中や、足、腹、爪、尾などのヒダの枚数、カドの長さを数えることには何の苦労もなかった。

体のあちこち調べる俺獣医~みたいな(?)。


DSC00783.jpg

制作途中で写真を一枚。


机に横たわる不完全な恐竜の姿。

それを生きている姿に復元する俺化石発掘中の恐竜博士~みたいな(?)。

DSC00784.jpg

実は制作時間は9時間くらいで、64等分が済んだらあとはそんなに紙をこねくり回すこともなく、わりと短時間で折りあがった。
(9時間で短時間というあたりがもう……)


DSC00788.jpg

ヒダの陰影が、こんなにもろに作品に影響するのも珍しい。

DSC00787.jpg

脚の付け根だけは、ヒダの流れを壊さない形に後で手を加えておこう。

このままじゃダメだ。

DSC00786.jpg

口のまわりや頭部も、横からだけじゃなく正面から見た姿も結構映えてすごくお気に入り。

DSC00789.jpg
DSC00790.jpg
アマチュアからプロまで、ありとあらゆるオリガミストが創作する恐竜ですが、そんな中でもこの「超複雑(略)」は、「仮ピー色」があるような気がしてます。

けっこう自信作です。
半年以上ほったらかしてた作品だったのにこんなこと言うのもあれだけど。

DSC00791.jpg

尾のヒダと引き換えに、一切のポージングを犠牲にしてしまった今作品だけど、直立している点は見逃せない。


よく恐竜図鑑の質問コーナーに載っている、
「恐竜はどうやって体重を支えていたの?」
という質問に対する回答、
「重い頭部と長い尾で、足でシーソーのようにバランスをとって歩いていました」
を、よく体現していると思うのです。


折りあがった作品がうまく直立した時に思いました。
「ああ、小学生のころ図鑑で読んだシーソーってこういうことか」
ってね。



DSC00785.jpg
シーソーキュゥー!!
イエーイエーイエエエ!!!!


よくもまあここまで話題が右往左往できるもんだよ……。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/11(火) 22:18:26 | | # [ 編集 ]
シーソーゲーム俺も大好きです
2013/05/13(月) 13:49:41 | URL | 名無しの黒髪眼鏡女子 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.