花岡パトリオット
故郷花岡を愛する社会人、仮ピーの、折り紙、遊戯王、音楽、アニメ、漫画などの趣味を紹介していくブログです。 同じ趣味を持つ方々との繋がりを増やしていくことが一番の目的です。 どうぞごゆっくり。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
【折り紙話】「マツコの知らない世界」にて折り紙の世界が紹介される


出演者は本ブログにも何度か登場しているありさわ君。
放送前にも後にも、Twitterでは大きな盛り上がりを見せた。

※画像はない


俺の愛機ハードディスク(大親友)には、レギュラー予約番組というものがあって、数年以上にわたり毎週録画され続けているものだ。
特にお気に入りの回は消さず、録画をディスクに保存してコレクションとする。
代表的なのが「アンビリーバボー」「世界ふしぎ発見」などがあるが、「マツコの知らない世界」もまたそんなレギュラー予約番組の1つだ。
今回自分にとってうれしかったのが2点あるのが「知り合いのありさわ君がテレビ出演すること」と、「毎週見ている番組で折り紙が取り上げられること」だった。



放送前には職場の方々に宣伝するなどしたが、そのたびに
「お前も出れるんちゃうんか」
「いやいや俺とは格が違うやつが出るから本当にすげーの出るから見て」
というやり取りを繰り返した。

俺はこのやり取りによって、職場で俺の折り紙を知っている人にとって、俺の折り紙がその人のそれまでに見てきた「折り紙の最先端」になってしまっているという大きな誤解を生んでいることを知ってしまった。
これはあまり良いことではなく、今回テレビの放送にあたってはこの事実を受け止めたうえで、「俺の作品だけではない、折り紙はもっとすごい」ということを世に知らしめることのできる絶好の機会となった。

いろんなタイプの作品を眺めながら、ゲストであるありさわ君とマツコの掛け合いを楽しむ20分くらいのセクションは、俺や俺のTLの住人ですら知らない情報も含まれていて、折り紙を知らない人も折り紙界隈の人にとってもよい時間を過ごせたのだと思います。
文字折り職人の方、俺は知らなかったな。勉強不足を反省するべきだね。
すこし界隈に首を突っ込むと、知っている世界がその界隈の全てだと思い込みがち。これは上で紹介した職場の人たちにとっての「最先端」と同じようなものだと思った。

今回はたまたま「折り紙」にスポットを当てた番組として放送されたわけであって、別の考え方をするともっと「折り紙をする人」にスポットを当てた番組を作ったっていいと思った。

だって変人ばっかじゃん、折り紙を趣味にするような奴なんて(おっとそのくらいにしとけ)

もしありさわ君やkeiさんが「激レアさんを連れてきた」「クレイジージャーニー」で取り上げられたなら、それはそれは面白いとおもう。
「激レアさんを連れてきた」だったら、折り紙好きのありさわ君が紙漉き職人になる道を選んだ経緯が紙芝居になったり、「クレイジージャーニー」だったら、折り紙をするために「ではまず紙を作ります」という「クレイジーポイント」が紹介されたりするわけでしょ。
折り紙以外にも音楽家としての側面があるとか、そういうのをね。
期待しています。

自分のブログであまり個人について語り過ぎるのはよくないので、本当にこのくらいにしておきます(もっと言いたいことあるよ)

ありさわ君の他にも作品提供組が何人か知ってるやついるなぁとは思っていたけど、ほんしょい君だけ出演もしていたんだね。
黙ってたなこのやろうまんまと驚かされたぜ。

関係者各位、お疲れ様でした。
すばらしい番組でした。ありがとう。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
思ってないよ!
俺くらい平凡な人間はいないよ
2018/11/23(金) 17:54:26 | URL | 仮ピー #- [ 編集 ]
仮ピーさんは自分のこと、変人だと思ってますか?
2018/11/22(木) 22:05:57 | URL | おおくら #4jeLTJQM [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.